OWC、iMac(Retina 5K, 27-inch, 2019)向けメモリ増設キットを発表

3月20日(現地時間)、OWCは先日発表された新型iMac(2019) 向けにメモリアップグレードを発売することを発表した。早くも米公式サイトで販売を開始している。

OWCが用意しているメモリアップグレードキットは、iMac(Retina 5K, 27-inch, 2019)がサポートする2,666MHz DDR4 PC4-21333/21300 (SO-DIMM 260ピン)メモリで構成された16GB(8GB x 2)・32GB (8GB x 4)・32GB(16GB x 2)・64GB(16GB x 4)の全4種類。

それぞれの価格は以下の通り。

iMac(Retina 5K, 27-inch, 2019) は、Appleから購入する際のCTOオプションとして当初から16GB・32GB・64GBが用意されているが、同オプションは価格が高いのが難点。その点、OWCのアップグレードキットの場合はAppleのCTOオプションに比べると価格が半額程度で手に入ることから、あえてAppleのCTOオプションを最安にしてiMacを購入するユーザーも多い。また、OWCの製品は高品質であるため、アップグレードするなら同社の製品が安心だ。

これらのアップグレードキットは、まだ日本では販売されていないが、近々取り扱いが開始されることが予想される。OWCはAmazonに販売ページを持っているため、取り扱いが開始されたかどうかはそちらをチェックするといいだろう。

関連記事
「iMac(Retina 5K,27インチ,2019)」 に最適なメモリを徹底調査 増設・交換にオススメなメモリは?
iMac 27インチ5Kモデル(2019) レビュー | iMacは一体何ができるの?どんな人にオススメか徹底解説
iMacに新型モデル登場。初の6コアプロセッサが搭載、最上位モデルには8コアの第9世代Intelプロセッサが内蔵
【比較】新型iMac (2019) は前モデルから何が進化した?スペックを比較

▼ Apple公式サイトでデスクトップMacをチェック
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。