iMac Pro、新たに18コアモデルの性能が判明 全モデルのベンチマークスコアが明らかに

昨年12月、日本のMacお宝鑑定団Blogは「iMac Pro」の8コア・10コア・14コアモデルのベンチマークスコアを公開していた。そして同メディアは今月14日、iMac Proの全4モデルのうち、最上位機種にあたる18コアモデルのベンチマークスコアを公開している。

iMac Proは下位モデルでも十分高い性能を持っていることが以前の記事から判明していたが、やはり18コアモデルともなると、その性能は異次元なものになることが明らかになった。

 

18コアモデルのプロセッサのベンチマークスコアは以下の通り。以前公開されていた8コア・10コア・14コアモデルのベンチマークスコアも参考資料として一緒に並べておく。

  8コアモデル 10コアモデル 14コアモデル 18コアモデル
シングルコア 4773 5171 5282 5540
マルチコア 27485 34754 41120 60811

18コアモデルのベンチマークスコアは、シングルコアが5540、マルチコアが60811と、驚異的な数字に。同じ「iMac Pro」同士で比べても、マルチコアに関しては、18コアモデルは8コアモデルの2倍以上のスコアを叩き出している。

ちなみに、以前の情報では、10コアモデルに搭載されている「3.0GHz 10コアIntel Xeon Wプロセッサ」の場合、「Mac Pro (Late 2013)」に搭載されている「3.5GHz 6コア Xeon E5プロセッサ」と比較すると約1.6倍、「iMac Retina 5Kモデル(2017)」に搭載されている「3.8GHz Intel Core i5プロセッサ」と比較すると約2.3倍の性能差があったことが判明している。

10コアモデルの時点で既に歴代Macの頂点に君臨していた「iMac Pro」だが、上記表から分かる通り、18コアモデルは10コアモデルに比べてかなり高い性能を持っていることから、当然ながら18コアモデルは事実上最強のMacであることが判明した。

最高スペックのプロ向け端末を探している方は、財布と要相談にはなるとは思うが、18コアモデルの購入を検討してみてはどうだろうか。

▼ Apple公式サイトでデスクトップMacをチェック
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。