Apple、iPhone修理業者の認定を拡大 「Independent Repair Provider Program」 発表

現地時間8月29日、AppleはiPhoneの修理を手がける認定業者を実質的に拡大する方針を発表した。「Independent Repair Provider Program」 という新しい認定プログラムを提供し、これまで一部の店舗に限定していた修理サービスを中小のサードパーティ修理業者にも拡大する。

このプログラムで認定された修理業者には、Appleの純正の修理用部品・修理トレーニング・各種診断ツールを提供する。これによって、iPhoneが修理できる業者がこれまで近くになかった方でも、近くに認定業者があればiPhoneを近場で修理することができるようになる。iPhoneユーザーの顧客満足度の向上に一役買いそうだ。

「Independent Repair Provider Program」 に参加するには、こちらのページから申込を行い、従業員がAppleから認定を受ける必要があるが、認定費用などは必要としない。ただし、店舗は商業地区に隣接している必要があり、住宅地区に店舗を構える業者については認定されない可能性がある。また、認定取得後も1年ごとに更新の必要があるという。

同プログラムはまずは米国から提供が開始され、その後米国以外でも提供を開始する予定だ。ちなみに、現時点での正規サービスプロバイダ(サードパーティの修理業者)は全世界で5,000程度。今回の認定プログラムで店舗数は大幅に拡大する見通し。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。