3年ぶりの新型モデル「INFOBAR xv」がauから2018年秋発売へ 初代INFOBAR登場から15周年を記念

INFOBARの新型モデルが3年ぶりに登場。7月12日、KDDIと沖縄セルラー携帯電話「INFOBAR xv」を2018年秋に発売することを発表した。

「INFOBAR xv」は初代INFOBAR発売から15周年を記念したモデル。2003年に発売した初代「INFOBAR」と同じ、プロダクトデザイナー深澤直人氏がデザインを手がけ、多くのユーザーに愛されたデザインと色を継承しつつ、歴代INFOBARで目指しながらも実現できなかったフレームレステンキーを搭載。画面は、3.1インチのWVGA液晶、約800万画素カメラも搭載している。

同端末はスマートフォンではなく、あくまでフィーチャーフォンだが、OSにはAndroid OSが採用されており、テザリング機能やLINE、そしてauの4G LTEケータイとしては初となる「+メッセージ」に対応する。また、「スマホ音声アシスタント呼出機能」など、初代「INFOBAR」から15年分の進化を感じ取れる現代に相応しい機能・サービスを備えた携帯電話であるとのこと。

カラーは「NISHIKIGOI(ニシキゴイ)」「NASUKON(茄子紺)」「CHERRY BERRY(チェリーベリー)」の3色が用意されている。価格は未定。

また、「INFOBAR xv」の発売に先駆けて2018年7月12日11時から、「INFOBAR xv」本体のクレジットタイトル画面に支援者として名前を記銘したり、「INFOBAR xv」のオリジナルグッズや開発の最新情報が入手できるクラウドファンディングが実施されることが発表されている。さらに、「au Design project」ファンのユーザーに向けたデザイン系WEBサイト「adp.au.com」が本日から公開したことも発表されている。

なお「INFOBAR xv」の開発にあたっては、「au Design project」や「INFOBAR」のファンの方々からの声が後押しとなったという。そのようなファンの方々をはじめ、多くのユーザーに「INFOBAR xv」を見てもらえる機会を作るため、2018年10月31日から11月12日まで「INFOBAR展 (仮称)」を21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3(東京都港区赤坂)において開催する予定だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。