Instagram、Apple Watchアプリを廃止

Apple Watchの売上はすこぶる好調だが、それとは裏腹にソフトウェアの縮小が問題となっている。

4月3日、Instagramが最新アップデートの提供を開始しているが、このアップデートによってApple Watch向けアプリを提供することをやめた。

InstagramのApple Watchアプリは、自身の投稿に対するコメントやフォローされたことを知らせる通知が確認できたほか、フィードから写真を「いいね!」することができた。

しかし、利用者が少ないからなのか「Apple Watch」アプリは最新アップデートによって削除された。バージョンを39.0にあげることによって、自動的にApple Watchから削除される仕組みになっている。

Apple Watchは、徐々に対応アプリが減っている状態。SNSの代表格とも言えるTwitter、AmazonやGoogleといった誰もが利用するサービスの多くがApple Watchから去っていった。

撤退の理由は、企業側の戦略が関係している可能性はあるものの、やはり本命は利用しているユーザーが少ないことだろう。

筆者もApple Watchは長く使っているが、Apple Watch側で操作する機会はごく稀だ。動作がiPhoneに比べて遅いだけではなく、画面が小さいため表示できる情報が少ないからだ。

小さい画面をタッチするのも辛さがあり、全然”スマート”なウォッチじゃない。大手アプリが撤退を決めるのも致し方ないことなのかもしれない。

Appleに改善する意識があるのかは分からないが、もしこれらのアプリがApple Watchに帰ってくるとしたら、Apple WatchのUI変更や画面自体が大きくなったタイミングだ。

今秋に、Appleは大画面化したApple Watchをリリースするとの噂がある。これが本当かどうかは不明だが、実現したら少しはApple Watchアプリが使いやすくなるだろうか。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。