Google、定額制ゲーム配信サービス 「Google Play Pass」 提供開始 月額4.99ドル

現地時間9月23日、Googleは定額制ゲーム&アプリ配信サービス 「Google Play Pass」 の提供を開始した。月額料金は4.99ドル (約540円) 。まずは米国から提供をスタートさせ、日本を含む他の国・地域に関してはまもなく提供が開始される予定だ。

定額制ゲーム&アプリ配信サービス 「Google Play Pass」 が提供開始

「Google Play Pass」 はAndroid向けのアプリストア 「Google Playストア」 で配信している一部の有料アプリや有料ゲームを定額で利用できるというもの。

同様のサービスについては、Appleも先日から 「Apple Arcade」 という定額制ゲーム配信サービスを提供しているが、Googleの場合はゲームアプリだけでなく非ゲームアプリも定額サービスのうちに入るということ。また配信アプリ数も350本と多く、今後も随時アプリを追加していくと発表されている。

「Google Play Pass」 は10日間のトライアルが用意されているほか、10月10日までに申し込めば最初の1年間は月額1.99ドルで利用することができるとのこと。1.99ドルで遊べる人数は上限が決められているとのことなので、もし 「Google Play Pass」 を使いたいのなら、早めに申し込むべきだろう。

関連記事
定額制ゲーム配信サービス 「Apple Arcade」 提供開始 月額600円で100以上のゲームが遊び放題

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。