最新版「iOS 11.2.6」、非表示設定の通知内容をSiriが読み上げる不具合が発生中

siri

端末ロック中にSiriをオンにしている場合は注意が必要だ。

現在、iOSの最新バージョン「iOS 11.2.6」で、非表示になっている通知プレビューの内容をSiriが読み上げてしまう不具合が発生していることが判明した。

最新iOSで非表示に設定している通知をSiriが読み上げてしまう不具合が発生中

「iOS 11」では、通知プレビュー設定を「ロックされていないときのみ」に設定することで、ロック画面の通知がアプリ名と「○件の通知」しか表示されなくなり、他人に通知内容を覗き見されないようにすることができる。

もちろん、この設定を適用している場合、Siriに通知内容の読み上げをお願いしても、読み上げが行われないようになっているのだが、最新の「iOS 11.2.6」や「iOS 11.3(ベータ・パブリックベータ版)」では、Siriが非表示のはずの通知内容を読み上げてしまうという不具合が発生しているようだ。

ただし、この不具合を発見したMac Magazineによると、読み上げが行われるのはWhatsAppやSkypeなどのサードパーティ製アプリだけで、Apple純正のメッセージアプリなどは内容を読み上げられることはなかったという。

すでにこの不具合はAppleに報告済み。おそらくそう遠くないうちに修正が行われることが予想される。

それまでの間は、端末ロック中にSiriが起動さえしなければ読み上げられることがなくなるので、「設定」アプリの[Siriと検索]>[ロック中にSiriを許可]の設定をオフにしておけば問題ないはずだ。少し不便にはなるが、気になる方は、Appleから修正の通達があるまでは設定をオフにしておくようにしよう。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。