iPhoneのバッテリー性能チェック機能、今月公開のベータ版で実装へ

搭載されているバッテリーが劣化することによって、iPhoneの性能が低下する問題に関して、Appleはユーザーに対し、iPhoneのバッテリー交換費用を値下げした。

そして、今年の春にリリース予定の「iOS 11.3」では、iPhoneのバッテリー劣化具合をチェックできる機能を追加する。さらに、バッテリーの劣化を感知した際には、バッテリーの交換を提案する機能が搭載される予定であることが明らかになっている。

同機能は、まずは開発者向けに公開される「iOS 11.3 beta」でテストされ、今年の春に一般ユーザー向けにリリースする予定となっているが、開発者向けに同機能がリリースされるのは、以前にも発表していた通り、今月中になるとのこと。

バッテリーの劣化具合がチェックできる機能を2月中に開発者向けに公開

この話は、AppleがAXIOSに直接明らかにしたとのこと。具体的なリリース日は明らかになっていないが、2月中とリリースは徐々に近づいている模様。

ちなみに、iPhoneのバッテリー性能をチェックする機能の他に、バッテリーの劣化具合を問わず、iPhoneの性能を制御しないようにする機能が搭載される予定となっているが、こちらも2月中のリリースを予定しているとのことだ。

ちなみに、バッテリーの劣化状態によって、意図的にiPhoneの性能が落とされていたのは、ユーザーの安全性を確保するためであって、iPhoneの買い替えを促すためのものではないとAppleは発表している。

そのため、AppleのCEOティム・クック氏はiPhoneにバッテリー管理機能を新たに搭載する予定だが、全てのユーザーに推奨される機能ではない、とコメントしている。

もし、バッテリー劣化によって性能が低下しているなら、当ブログとしてはバッテリーの交換を行うことをお勧めしたい。現在、Appleは一部iPhoneのバッテリー交換費用を値下げしており、普段よりお得に交換することが可能。ちなみに、同サービスが開始されてからiPhone(一部のモデル)のバッテリーは枯渇気味となっている。

カナダのApple公式サイトではバッテリーの予約も開始されており、日本でも予約受付が開始される可能性がある。これについては、今後の情報にぜひ注目していただきたい。

さらに、予期しないシャットダウンを避ける電源管理機能も追加されているようだ。同機能は「iPhone 7」や「iPhone 6s」「iPhone 6」シリーズ、小型モデル「iPhone SE」で利用可能であるとのこと。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via iDownloadBlog / MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。