【新機能まとめ】正式版「iOS 11.3」配信開始 新アニ文字やビジネスチャット機能の追加、iPhoneのバッテリー状態をチェックできる機能が追加

3月30日、Appleは正式版「iOS 11.3」を一般ユーザー向けにリリースした。先行配信されていた「iPad(第6世代)」以外のデバイスでもインストールすることが可能になっている。

「iOS 11.3」では、新しいアニ文字の追加やメッセージアプリに「ビジネスチャット」機能が追加されることが1月の段階で発表されている。また、これらの変更以外にも細かい変更がいくつか行われている。

当記事では「iOS 11.3」で追加された新機能や変更点をまとめたので、デバイスをアップデートする前に、ぜひ内容を確認しておいていただければと思う。

4種類の新しいアニ文字が追加

「iPhone X」の顔認証機能「Face ID」を利用して、ユーザーの顔の動きに合わせて絵文字を動かすことができる機能「アニ文字」に、新たにドラゴン・クマ・ガイコツ・ライオンの4種類が追加。

以前から追加されていたアニ文字と合わせると、今後は合計16種類のアニ文字が使えることになる。

メッセージアプリに「ビジネスチャット」機能が追加(米国限定)

まだ米国限定の機能にはなるが、「メッセージ」アプリで企業と直接コミュニケーションをとることができる「ビジネスチャット」機能が追加。

メッセージアプリを介して、友人にメッセージを送るような感覚で気軽に企業に問い合わせたり、Apple Payを利用して決済することができるようになる。

同機能は、まだ米国でもDiscover、Hilton、Lowe’s、Wells Fargoなどの一部の企業のみが利用できる機能になるようだ。日本でのサービス提供開始時期は現時点では不明。

iPhoneのバッテリー状態をチェックできる機能が追加

2017年末、Appleが古いiPhoneの性能を意図的に落としているのではないかという疑惑が浮上。これに対し、Appleはバッテリーが劣化したiPhoneが突然シャットダウンしないよう、意図的に性能を抑える機能があることを認め、この機能に関する説明が不十分だったと謝罪している。

謝罪の際に、Appleは今後のアップデートでデバイスのバッテリーの状態をチェックできる機能を追加すると約束していたが、その機能が今回追加された形になる。

同機能は「iPhone 6」以降のiPhoneで利用することが可能。また、たとえバッテリーが劣化していたとしても、意図的に性能を落とさないようにする機能や、バッテリーの交換が必要な場合に交換を推奨する機能も追加されている。

「AR Kit」がバージョン1.5にアップデート

ユーザーに様々なAR体験をもたらしてくれる「AR Kit」がバージョン1.5にアップデート。

水平面だけでなく、垂直面に対しても仮装オブジェクトを配置することができるように。また、映画のポスター、絵画、図版などの画像イメージを検知しAR体験に組み込むことができるようになったほか、AR体験時にカメラを通じて映し出される現実世界の解像度が向上した。

デベロッパーは今後、このバージョン1.5の「AR Kit」を利用したアプリの開発ができるようになるという。

その他の変更点やインストール要件など

その他、「iOS 11.3」の細かい変更点は以下の通り。

  • Apple Musicに「ミュージックビデオ」セクションが登場
  • Apple Musicで自分の好きジャンルやそのジャンルをフォローしている共通の友達を見つけることができるように
  • 「ニュース」アプリのトップストーリーが最初に表示されるように
  • 「ニュース」アプリの「For You」にあるビデオセクションでトップビデオが視聴できるように
  • 警察や消防に位置情報を伝えることができるAdvanced Mobile Location(AML)に対応(一部の国だけ対応?)
  • App Store各アプリページのユーザーレビューを評価順で並び替え可能に
  • App Storeのアップデートタブに、アップデートの容量やバージョンが表示されるように
  • 設定アプリ内の「プライバシー」アイコンのカラーが変更
  • 「承認と購入のリクエスト」で保護者がFace IDで承認できない問題を修正

ちなみに、アップデートする場合はバックアップの取得などの準備を怠らないように。

「iOS 11.3」のインストール要件は以下の通り。
iPhone 5以降のiPhone
iPad AirもしくはiPad Air 2
iPad Pro
iPad(第5世代)もしくは(第6世代)
iPad mini 2 / 3 / 4
iPod touch(第6世代)

 【追記】リリースノートは以下。

iOS 11.3には、さらにリアルな体験を届けることができるARKit 1.5、“バッテリーの状態(ベータ)”、iPhone Xユーザ用の新規アニ文字などを含む新機能が導入されました。このアップデートには安定性の改善およびバグの修正も含まれます。

拡張現実機能(AR)

  • ARKit 1.5により、水平な仮想平面に加えて、壁やドアなどの垂直な面にも仮想オブジェクトの配置が可能
  • 映画のポスター、絵画、図版などの画像イメージを検知しAR体験へ組み込むことに対応
  • AR体験時にカメラビューを通じて映し出される現実世界の解像度の向上

バッテリーの状態(ベータ)

  • iPhoneのバッテリー最大容量およびピークパフォーマンス性能の情報を表示
  • 突然のシャットダウンを防ぐために最大パフォーマンスを動的に管理するパフォーマンス管理機能がオンであるかどうかを表示、およびそれを無効にするオプションを追加
  • バッテリーの交換が必要な場合それを推奨する機能

iPadの充電管理

  • 例えば、キヨスク端末やPOSシステムや充電用カートなどで、iPadが電源に長時間接続されている場合のバッテリーの状態を良好に維持

アニ文字

  • iPhone Xで、ライオン、ドラゴン、どくろの新しいアニ文字を導入

プライバシー

  • Appleの提供する機能で個人情報が使用される場合に、データがどのように使用および保護されるかについての詳しい情報を見ることができるリンクとアイコンを表示

Apple Music

  • 独占的なビデオプレイリストを備えた“ミュージックビデオ”セクションを含む、新しいミュージックビデオ体験を提供
  • 多くの人が好きなジャンルやそのジャンルをフォローしている共通の友達を見つけるアップデートされた提案機能により、ミュージックのテイストが同じ友達を探すことが可能

News

  • For YouでTop Storiesを常に最初に表示
  • Newsエディタにより厳選されたTop Videosを視聴可能

App Store

  • プロダクトのページでユーザのレビューを“参考になった”、“高評価”、“低評価”、または“最新”で並べ替え可能
  • “アップデート”のタブにバージョンおよびファイルサイズの情報を追加

Safari

  • ユーザ名とパスワードをWebフォームフィールドで選択した後で自動入力することによりプライバシーの保護を強化
  • スマート検索フィールドが暗号化されていないWebページでパスワードやクレジットカード情報のフォームと情報を交換する場合に警告を表示
  • ユーザ名とパスワードの自動入力がApp内のWebビューで使用可能
  • “リーダー”が利用可能な場合、Safariから“メール”に共有された記事は“リーダー”を使用した形式で表示
  • “お気に入り”にあるフォルダにそのフォルダに含まれるブックマークのアイコンを表示

キーボード

  • 2種類の双拼キーボードレイアウトを追加
  • “トルコF”キーボードレイアウトを使用して接続されたハードウェアキーボードに対応
  • 4.7および5.5インチデバイス上での日本語および中国語キーボードの変換候補の拡張リストへのアクセスのしやすさを改善
  • 1回タップするだけで音声入力からキーボード入力へ戻ることが可能
  • 自動修正機能が単語を間違えて大文字にしてしまう問題に対処
  • iPad Proで、キャプティブWi-Fiネットワークに接続後iPad Smart Keyboardが正しく動作しない問題を修正
  • タイ語キーボードが横向きの時に数字用レイアウトに間違って切り替わってしまう問題を修正

アクセシビリティ

  • App Storeで、画面のカスタマイズ用のボールドおよび大きな文字に対するアクセシビリティ対応を追加
  • “反転(スマート)”にWebおよびメールメッセージ上の画像イメージへの対応を追加
  • RTT機能を改善、およびT-MobileでのRTTの対応を追加
  • VoiceOverおよびスイッチコントロールのを使用しているユーザ用に、iPadでのApp切り替え機能を改善
  • VoiceOverがBluetoothの状況およびバッジアイコンを間違えて説明してしまう問題に対処
  • VoiceOver使用時に“電話” Appで通話終了ボタンが表示されない問題を修正
  • App内の評価にVoiceOverでアクセスできない問題を修正
  • “ライブリスニング”を使用時にオーディオ再生が歪む問題を修正

その他の改善および修正

  • SOS発信時に、より正確な位置情報データを提供するAMLスタンダードへの対応を追加(対応地域・国において)
  • HomeKitと互換性のあるアクセサリを作成および利用可能にするための新方法としてソフトウェア認証への対応を追加
  • 1回のタップでPodcastの再生が可能、および“詳細”をタップして各エピソードについての詳しい情報を見ることが可能
  • “連絡先”でメモに長いテキストを入れている場合の検索のパフォーマンスを改善
  • デバイスが同じWi-Fiネットワークにある場合のHandoffおよびユニバーサルクリップボードのパフォーマンスを改善
  • 通話が着信しても画面のスリープが解除しない問題を修正
  • Visual Voicemailの再生が遅れるまたはできない問題に対処
  • “メッセージ”でWebリンクを開けない問題を修正
  • メッセージの添付書類をプレビューした後で“メール”に戻れない問題を修正
  • メールの通知が消去した後でもロック画面に再表示される問題を修正
  • ロック画面で時刻および通知が表示されない問題を修正
  • “承認と購入のリクエスト”で管理者(親または保護者)がFace IDを使えない問題を修正
  • “天気”で現在の気象状況が更新されない問題を修正
  • Bluetoothで接続されている車の電話帳と連絡先を同期できない問題を修正
  • Appがバックグラウンドで起動している場合、車のオーディオAppで再生ができない問題を修正

 

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。