「iOS 11.4」のSiri、AirPlay対応デバイスを音声操作可能に

近日公開予定の「iOS 11.4」は、iPhoneのSiriが少しだけ賢くなることがわかった。

9to5Macの報告によると、今週火曜に開発者向けに配信された「iOS 11.4 beta 3」Apple TVやHomePodといったAirPlay対応デバイスを、iPhoneに搭載されているSiri経由で操作できるようになっているという。

Siri経由で「AirPlay対応デバイス」を音声操作可能に

「AirPlay」はiPhoneやMacといったデバイスから、音楽やPodcastあるいは映像をワイヤレスで飛ばし、他デバイスで再生することができる機能。

今まではコントロールセンターなどから、ユーザーの手によって「AirPlay」を起動する必要があったが、「iOS 11.4 beta 3」からは、iPhoneに搭載されているSiriにお願いすることによって実行することが可能となっている。実際に、筆者の環境でも確認することができた。

iPhone Hacksは以下の検証を公開している。ふたつのiPhoneを並べており、ひとつ(左)は「iOS 11.3」がインストールされているもの、もうひとつ(右)は「iOS 11.4 beta 3」がインストールされているものだ。

「iOS 11.3」のSiriでは、「リビングルームでPodcastを再生して」を理解することができなかったが、「iOS 11.4」では同じ質問でもリビングルームに配置したApple TVを認識し、AirPlayを使ったPodcastの再生をし始めた。

動画の様子からもHomePodのコントロールに関しては不安定であることがお分かりいただけると思う。筆者の環境では音楽の再生が一度だけ可能だったが、再び停止しようとした際に「認識できませんでした」と返してきた。残念ながら、機能としてはまだ完全なものではないようだ。

9to5Macも以下の検証動画を公開している。

「iOS 11.4」では「AirPlay 2」を利用することが可能だが、Siriによる同機能の利用は筆者の環境では不可能だった(Apple TVでテスト、HomePodはまだAirPlay 2に未対応)。Appleは「AirPlay 2」の導入を何度か遅らせていることなどを考えると、どうやらAirPlay関連の調整に苦戦している様子。完全な機能としてリリースされるには、まだ少し時間を要するのかもしれない。

SiriによるAirPlay対応デバイスの操作は、「iOS 11.4 beta 3」もしくは「iOS 11.4 Public Beta 3」で利用することが可能だ。開発者の方、もしくはApple Beta Software Programに参加している方はぜひお試しいただきたい。「iOS 11.4」の正式リリース日は発表されていないが、おそらく6月に開催予定の「WWDC 2018」の前後で配信開始されるとみられる。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iPad」製品をチェック
 ・iPad Pro (11インチ / 12.9インチ)
 ・iPad Air
 ・iPad mini
 ・iPad (9.7インチ)
▶︎ Apple公式サイトで「iPadアクセサリ」をチェック
 ・Apple Pencil (第2世代) / Apple Pencil (第1世代)
 ・ケース&プロテクター / イヤホン / その他
▶︎ 「iPad」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。