「iOS 12.2 beta 3」 の変更点まとめ ロック画面のバッテリー残量表示バグが解消

本日1月25日、Appleは開発者向けに 「iOS 12.2 beta 3」 を公開した。公開後、同バージョンに多数の変更点が含まれていることが判明したので紹介したい。

海外メディアMacRumors9to5Macによると、「iOS 12.2 beta 3」 には以下の変更点が含まれていることが明らかになった。

  • Apple TV RemoteのUIが一部刷新

  • グループFaceTimeの不具合がiOS 12.2でも修正
  • 設定アプリの 「バージョン情報」 画面に 「端末名」 が表記されるように

  • Walletアプリの詳細画面のデザイン刷新

  • 「ニュースアプリ」 のヘッダーロゴが 「APPLE NEWS」 から 「NEWSに」

  • ロック時の画面にバッテリー残量が表示される不具合が解消。今までのように日付表示に修正
  • 「Siriからの提案」 機能に、Today at Apple (Apple Storeで開催されている無料講義) の提案が追加される可能性。Safariやアプリの使用履歴を使ってユーザーにオススメの講座を提案。

このうち重要なのは、「グループFaceTime」 の盗聴バグがiOS 12.2でも修正されたということ。この問題はFaceTime発信中に、グループ通話の相手に自分(発信者)を追加することで、相手 (受話側) の声が聞こえるようになってしまうというプライバシーに関わる危険な不具合。すでに正式版 「iOS 12.1.4」 では同不具合は修正されているが、依然としてベータ版 「iOS 12.2」 では不具合が解消されておらず利用できない状況が続いていた。

また、設定アプリに存在する 「Siriからの提案」 機能に 「Apple Store」 の項目が追加、Today at Appleの提案機能が今後追加される可能性がある。そして、前回のベータ版で不具合が指摘されていたロック画面に 「バッテリー残量が表示される」 仕様も今回のベータ版で修正されている。

関連記事:iOS 12.2 beta 2、ロック画面の「曜日・日付」表示が「バッテリー残量」表示に変更 バグの可能性もあり


「iOS 12.2 beta 3」 はApple Developer Programに登録している方のみがインストールが可能だが、20日未明にパブリックベータ版も公開されているため、パブリックβテスト登録することで一般ユーザーも利用できる。

「iOS 12」がインストールできる端末は以下の通り。「iOS 11」をインストールできた端末であれば、全端末が利用することが可能だ。

インストール可能端末
iPhone iPad iPod touch 

iPhone XS / XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone 7 / 7 Plus
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone 6 / 6 Plus
iPhone SE
iPhone 5s

12.9インチ iPad Pro(第1世代)
12.9インチ iPad Pro(第2世代)
12.9インチ iPad Pro(第3世代)
11インチ iPad Pro
10.5インチ iPad Pro
9.7インチ iPad Pro
iPad Air / Air 2
iPad(第6世代)
iPad(第5世代)
iPad mini 4 / 3 / 2

iPod touch(第6世代)
▶︎ Apple公式サイトで各種「iPad」製品をチェック
 ・iPad Pro (11インチ / 12.9インチ)
 ・iPad Air
 ・iPad mini
 ・iPad (10.2インチ)
▶︎ Apple公式サイトで「iPadアクセサリ」をチェック
 ・Apple Pencil (第2世代) / Apple Pencil (第1世代)
 ・ケース&プロテクター / イヤホン / その他
▶︎ 「iPad」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。