【iOS 12】3D Touch非対応iPhoneも「トラックパッドモード」が利用可能に

文字入力の際、カーソルが思った位置に移動できないストレスを解消することができる便利機能「トラックパッドモード」が、「iOS 12」からは3D Touchが搭載されていないiPhoneでも利用可能に。

Cult of Macによると、「iOS 12」はキーボードのスペースキーを長押しすることで、同機能が利用できるようになっていることがわかった。

3D Touch非対応iPhoneでもトラックパッドモードが利用可能に

この「トラックパッドモード」は、キーボードの領域をトラックパッドのようになぞることで、文字入力のカーソルを好きな位置に移動することができる機能。現在は、「3D Touch」が利用できるiPhoneで利用できるほか、iPadの場合は二本の指でタップすることで利用することができる。

iPhone 5sなどの3D Touchを搭載しない端末に関しては同機能を利用することができず、カーソル移動が思うようにできない時もしばしばだが、これが「iOS 12」では解決される。

しかも、この機能は3D Touchが使えるiPhoneでも利用できるため、3D Touchのように力を入れる必要がなく、最新端末でもスムーズなカーソル移動が可能だ。

Appleは「iOS 12」は使い勝手を向上したバージョンになると宣言していたが、まさにその通り。もちろん、現在はベータ版であるため今後仕様に変更がある可能性は残されているものの、今までカーソル移動にストレスを感じていた方は「iOS 12」から便利になりそうだ。

▶︎ 各種iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。