iOS 12、iPadの一部ジャスチャーが「iPhone X」と同じに

現地時間6月4日、Appleは「WWDC 2018」の基調講演で「iOS 12」を正式に発表しているが、同基調講演では発表されなかった新機能として、iPadの一部ジャスチャーの変更が行われていることが判明している。

iDBによると、「iOS 12」ではアプリを開いている状態からホーム画面に戻りたい時、iPhone Xのように画面下から上方向にスワイプするだけで、一瞬で戻ることができるようになっているとのこと。

また、「iOS 11」でiPadはアプリスイッチャーとコントロールセンターが同じ画面で表示されていたが、「iOS 12」では別々に分かれていることが判明している。

アプリスイッチャーは従来のようにDockを上方向にゆっくりスワイプすることで表示させることができるのだが、コントロールセンターの表示方法はiPhone Xと同じジャスチャーに変更になっており、右上から下方向にスワイプすることで表示できるようになっているようだ。

これらのジャスチャーが「iPhone X」と同じになったことで、iPhone XとiPadの両方を持っているユーザーが同じジャスチャーで操作できるように。特にコントロールセンターの表示方法が違うのは若干ストレスを感じていたため、統一されたことで今までよりも少し使いやすくなった印象だ。

▶︎ 各種iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。