来年発表予定の「iOS 13」はiPadに特化したアップデート内容に?

いよいよ来月、Appleの開発者向けイベント「WWDC 2018」が開催される。同イベントでは「iOS 12」などの次期OSがお披露目になるものとみられているが、新OSの発表を前に早くも「iOS 13」の話が登場している。

以前は9to5Macに所属しており、現在はBloombergの記者として活動しているMark Gurman氏によると、Appleが来年に公開を予定している「iOS 13」は主にiPad向け機能の追加・刷新がメインになるようだ。

「iOS 13」はiPad向けの機能が中心のアップデートに

Mark Gurman氏曰く、「iOS 13」は「Yukon」というコードネームで呼ばれており、アップデート内容は以下の通りになるという。

  • ファイルアプリの刷新
  • macOSアプリのようにアプリ内タブが利用可能に
  • Split Viewで同じアプリを並べて利用可能に
  • Apple Pencilの改善

また、当初「iOS 12」向けに計画されていたホーム画面や写真アプリの刷新も「iOS 13」に含まれることになるとのこと。

「iOS 13」は大幅アップデートになる可能性が高い。というのも、来月に発表される「iOS 12」は大きな変更がほとんどない、マイナーアップデートになるとみられている。

当初は、ホーム画面や写真アプリの刷新も「iOS 12」で計画されていたようだが、近年のOSのクオリティの低さが指摘されていることから、Appleは「iOS 12」をクオリティアップのためのアップデートと位置付ける可能性があるという。新機能の追加は「iOS 13」に回されると噂だ。

ちなみに、”クオリティが低い”と指摘された「iOS 11」は2017年6月に発表された。同OSはiPadのユーザーインターフェイスを大幅に刷新し、様々な新機能を追加していたが、多数の不具合が見つかっており、Appleは2017年から2018年にかけて不具合の修正に追われた。

これらの影響もあったのか、当初実装予定だったマルチルームオーディオ機能などが利用できる「AirPlay 2」など、いくつかの機能は未だに正式実装に至ることができていない。

「iOS 12」は前述の通り変更点に乏しいものになる可能性が高いが、来年配信予定の「iOS 13」は特にiPad向けの機能が充実するかもしれない。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。