バーチャルライブ配信アプリ「にじさんじ」発表 「iPhone X」の顔認証機能で誰でも「バーチャルYouTuber」に

現在、YouTubeでは架空のキャラクターとして動画配信を行う「バーチャルYouTuber」が流行り始めているが、動画配信アプリ「にじさんじ」と「iPhone X」の3D顔認証機能があれば、誰でも「バーチャルYouTuber」になれるように。

アプリ開発を手がけている、いちから株式会社は11日、動画配信アプリ「にじさんじ」を発表した。「iPhone X」の顔認証機能「Face ID」を使って、キャラクターに自身の表情の変化をトレースし、その映像を配信することができるという。

動画はYouTubeやPeriscope、Mirrativに公開できる。つまり、誰でも簡単にバーチャルYouTuberとして活動することが可能だ。

同アプリは、まず公式ライブ配信を行う声優を募集しており、選ばれたユーザーに対して限定的に公開するとのこと。その後、正式版がリリースされる予定で、一般ユーザーも使えるようになる。

「まどマギ」の主人公「まどか」や「艦これ」の艦娘「赤城」に似たキャラクターも登場するようだが…

動かせるアニメーションは、2Dのイラストを立体的に動かすことのできる技術「Live2D」が活用されており、現在は合計5人のサンプルキャラクターが利用できる。ただし、オリジナルキャラクターも製作中で、近いうちに提供が開始されるものとみられる。

前述したように、いちから株式会社は「次世代声優オーディション」で初期声優メンバーを募集している。同オーディションで選ばれた場合は、自分だけのオリジナルキャラクターを使用し、配信アプリを通じバーチャルライブを行うことができるようだ。

サポートとして、「iPhone X」を貸し出してもらえるだけでなく、配信時間毎の基本給を支給するマネタイズサポートなどを行う予定。バーチャルYouTuberを目指したいなら、同オーディションに参加してみてもいいかもしれない。応募期間は1月11日から25日まで。詳細はこちらから

 [ via ITmedia ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。