Clubhouse、30秒間クリップを共有する 「Clips機能」 iOSユーザーに提供開始

Clubhouseは10月7日、30秒のクリップを共有する 「Clips機能」 を全世界のiOSユーザー向けに提供開始した。

アプリをアップデートすることで利用できるようになる。Androidユーザー向けには近日中に提供開始するとのこと。

Clubhouse、iOSで「Clips機能」 を提供開始

Clipsは、誰でもがオープン(公開)ルームの会話の30秒クリップを作成・共有することができる機能。インターネット上のより多くの人々がクラブを発見し、参加することができる。

  • ルームを開始する際に、Clips機能を有効にするかどうかを選択できます。オープンルームではデフォルトでClipsがオンになっていますが、いつでもオフに切り替えることが可能です。Clipsはオープンルームのみでご利用いただける機能で、ご自身で選んだ方とお話する非公開のプライベートルームや、ご自分がフォローしているクリエイターにだけ公開されるソーシャルルームではClipsは利用できません。
  • Clips機能を有効にすると、ユーザーの画面に新しいアイコン(✄)が表示され、アイコンをタップすることで、誰でもがいつでも過去30秒間のクリップを取得することができるようになります。これにより、ルームのプレビューを他の人と共有したり、起こったばかりの素晴らしい瞬間を記録したりすることが可能となります。
  • ルームのクリップは、Instagram、Twitter、Facebook、iMessage、WhatsAppなどのSNSで簡単に共有でき、カメラロールに保存して編集することも可能です。

なお、Clubhouseは先日Backchannel機能の提供も開始したが、先週時点でBackchannelメッセージ送信数が早くも累計10億通に到達したとのこと。Clubhouseは今後も継続的に新機能を提供するとしている。

関連記事
Clubhouse、年内に日本語対応。クリエイターの収益化も可能に

▶︎ iPhone 13シリーズの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。