人気RSSリーダーアプリの最新版 「Reeder 4」 がリリース

4月26日、iOSとmacOS向けに配信されているRSSリーダーアプリ 「Reeder」 のメジャーアップデート版 「Reeder 4」 がリリースされた。

「Reeder 4」 はデザインが一新され、従来バージョンの便利機能はそのままに複数の新機能が追加されているのが特徴。リリースノートによると、「Bionic Reading mode」 やiCloudを利用した 「あとで読む」 機能などの新機能が追加されている。

また、記事ビューアーやリーダービューの改善も行われており、従来より快適に記事が確認できるようになった。

「Reeder 4」 はiOS版Mac版の2種類がリリースされており、価格はiOS版が600円、Mac版が1,200円となっている。ちなみに、前バージョンの 「Reeder 3」 をすでに持っていても 「Reeder 4」 を利用するには改めて購入し直す必要があるので注意を。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。