Appleのクロスプラットフォームアプリ環境は2019年に発表か 「WWDC 2018」では発表されず

以前から、AppleはmacOSとiOSの両方で同じアプリが動作するクロスプラットフォーム環境を整えると報じられてきた。

このプロジェクトは早ければ2018年6月の「WWDC 2018」で発表されると噂されていたが、Daring FireballのJohn Gruber氏が新たに公開したレポートによると、そもそも2018年に発表される予定ではなく、2019年まで実装されることはないとのこと。

クロスプラットフォームアプリは2019年に実装か

John Gruber氏曰く、クロスプラットフォームアプリが「WWDC 2018」で発表されないのはほぼ確実で、2019年に発表予定の「macOS 10.15」「iOS 13」で実装されることになるという。

このクロスプラットフォームアプリについて、Gruber氏は「宣言型コントロールAPIのようなものである」と説明。iOSとmacOSのAPIの違いを解決したり、クロスプラットフォームのUIフレームワークを作成するとのことだが、現時点では詳細についてはほとんど不明だ。

「WWDC 2018」で発表予定の「macOS 10.14」「iOS 12」は、これまでの情報では新機能の実装はほとんどなく、マイナーアップデートになる予定であるとされており、その中でも唯一注目の新機能がクロスプラットフォームアプリであると言われていた。

しかし、その注目の新機能の発表が来年になってしまったことで、「macOS 10.14」「iOS 12」は、より地味なアップデートになる可能性が高くなってしまったと言えるだろう。

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。