1月18日時点までのiOSバージョン別シェアが公開 「iOS 11」のシェアは65%に

20日、Appleはデベロッパー向けサポートページで、1月18日時点までのiOSのバージョン別シェアを公開。現時点での「iOS 11」のシェアは65%となっているようだ。

公開されたグラフによると、1月18日時点でのバージョン別シェアは「iOS 11」が65%、「iOS 10」が28%、その他が7%だ。昨年9月に「iOS 11」がリリースされてから4ヶ月が経過したが、まだアップグレードを済ませていないユーザーが35%ほどいるという結果となった。

「iOS 11」は、一昨年にリリースされた「iOS 10」に比べると革新的な変化が少なかったこともあり、普及スピードが遅いことが判明していたが、今回の発表でさらにその差が広がっていることが分かる(「iOS 10」の昨年1月時点でのシェアは76%)。

「iOS 11」の普及は徐々に進んでいるとはいえ、この調子だと最終着地点で「iOS 10」を超えることは少し難しいだろう。

ちなみに、「iOS 10」のリリース以降定期的に発表されているiOSのバージョン別シェアは、「App Storeを訪れたユーザーのバージョンを調べる」という方法を用いて計測されている。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。