「iOS 10」は「A8 / A9」搭載端末でRAWファイルをサポート 高度な写真編集が可能に

wwdc2016-ios10_147

次期iOSとなる「iOS 10」は、昨日の「WWDC 2016」で多くの新機能が発表され、すでにデベロッパープレビューが公開されている状態だが、Appleはデベロッパー向けのページ「Guides and Sample Code」で、より詳細な新機能・変更点を紹介したドキュメントを公開している。

公開されたドキュメントによると、「iOS 10」では「RAWファイル」のサポートが行われているようだ。

「RAWファイル」がサポートされることで、より高度な写真編集ができるように

wwdc2016-ios10_113

「Guides and Sample Code」ページの「iOS 10」のドキュメントによると、「A8 / A9」チップを搭載している一部端末で、写真などに使われる「RAWファイル」のサポートが行われていることが明らかになった。

「RAWファイル」とは、デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラなどでサポートされているもので、名前の通り、圧縮などを行っていない生の状態で写真を保存するファイル形式だ。

圧縮を行っていないのでファイル容量自体はかなり大きくなってしまうのだが、JPEGなどの圧縮を伴うファイル形式に比べてホワイトバランスや明るさの調整などの編集の時に劣化が起こりにくく、編集しても綺麗な状態を保つことができるという特徴がある。

iphone-7-deep-blue-img_3

「iOS 10」でRAWファイルが扱えるようになるのは間違いないが、残念なことにRAWファイルが使えるのは一部端末のみ、「iPhone SE」「iPhone 6s / 6s Plus」「iPad Pro」の4種類。

これらのモデルに関しては、「RAW画像」での写真撮影に対応するとのことで、あとは写真の編集に対応すれば「iPhone」内で写真撮影から加工までの一連の流れを完結させることができるはずだ。

この「RAWファイル」が「iOS 10」でサポートされても、実際に写真アプリで編集できるようになるかは不明。

だが、現在主力となっている多くの端末はカメラ性能が高いものが多く、また次期iPhoneの「iPhone 7 / 7 Plus(7 Pro)」ではカメラ性能が引き上げられるという噂も出ているので、おそらくRAW画像に対応したサードパーティー製のアプリが出てくることだろう。写真を撮影することが多い人にとっては嬉しい情報だ。

【追記(2016/06/15 13:14)】
「RAWファイル」がサポートされる端末が発表されていたので修正しました。正しくは「A8 / A9」チップが搭載されている「iPhone SE」「iPhone 6s / 6s Plus」「iPad Pro」の端末のみです。

[ via Macお宝鑑定団Blog[羅針盤] ]

wwdc2016-ios10_147
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう