「iOS 10」で、「iPad」でも日本語のライブ変換機能が利用可能か

iphone-ipad-ios

今年のWWDC 2016で発表されると思われる最新の「iOS」となる「iOS 10」では、「iPad」でもライブ変換機能が使えるようになるかもしれない!

iPadユーザーには、より快適な日本語IMEになるかも

Macお宝鑑定団blogは、「iOS 10」から「iPad」でも日本語のライブ変換機能が利用できる可能性があると伝えている。

ライブ変換
日本語入力の際に、ひらがなの入力と同時に自動的に漢字変換が行われる機能で、「iPad」でも「ライブ変換」機能がアンロックされれば、スムーズに文字を入力することが可能になる。

Appleは2014年にリリースした「iOS 8」や「OS X Yosemite」で日本語入力エンジンを刷新、「ことえり」から新たな「日本語IM」を採用した。

「ライブ変換」機能は、この「日本語IM」という日本語入力エンジンをベースにして実現できているもので、現在は「OS X」でのみ有効化されている状態だ。

liveconversion2

もし今後、「iPad」にも搭載されるとなると文字入力がこれまで以上に快適になるはずだ。僕は現在「Google日本語入力」を利用しているが、これを機にAppleの日本語IMEに戻るかもしれない。

ちなみに、「ライブ変換」機能は、昨年リリースされた「OS X El Capitan」から利用可能で、普段から他社製の日本語入力エンジン(例えば「Google日本語入力」など)を利用している人はもしかすると利用したことがない機能かもしれない。

一度この「ライブ変換」になると変換が煩わしくなるほどなので、もしまだ試したことがない人は試してほしい。

[ via Macお宝鑑定団blog[羅針盤] ]

liveconversion2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう