「iOS 10」「macOS Sierra」ではPPTPプロトコルによるVPN接続が廃止になることが明らかに

iOS 10」「macOS Sierra」の開発者プレビュー版がリリースされてからもうすぐで2週間。両OSの細かい仕様に関しては、開発者の方々から新機能や変更点などが次々と報告されているが、今回、AppleからVPN接続に関する仕様変更が正式に発表されているので、利用しているユーザーの方は内容を確認してほしい。

macOS

Appleが現地時間の23日に公開したサポートページによると、「iOS 10」「macOS Sierra」では、PPTPプロトコルによるVPN接続が廃止されることが明らかになった。

以前にもAppleは、「macOS Sierra」の開発者向けのBeta Notesで、「iOS 10」「macOS Sierra」ではPPTPプロトコルによるVPN接続をサポートしない方針であることを示していたが、今回公開されたサポートページでそれが正式に発表された形となる。これにより、「iOS 10」「macOS Sierra」ではPPTPプロトコルによるVPN接続以外のプロトコルや認証方法を利用する必要がある。

ちなみに、「iOS 9」や「OS X 10.11 El Capitan」では今後もPPTPプロトコルによるVPN接続は利用できるようではあるが、十分なセキュリティを確保できないという点からAppleは推奨していないようだ。

Appleが推奨しているVPN接続以外のプロトコルや認証方法はこちらのページで確認できるので、システム管理者の方は必ず確認しておいてほしい。

[ via AAPL Ch. ]

macOS
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう