「iOS 10」と「macOS Sierra」のパブリックベータ登録受付が開始

昨日開幕となった「WWDC 2016」で、Appleは次期OSとなる「iOS 10」と「macOS Sierra」が発表され、多数の新機能が追加されることが明らかにされた。

両OSは、既に「デベロッパー向けプレビュー版」がリリースされており、7月にはベータテスタープログラム参加者向けにも「パブリックベータ」版が公開される予定となっているが、昨日から「iOS 10」と「macOS Sierra」の「パブリックベータテスター」登録が開始されているようだ。

applepublicbetatest

「パブリックベータテスト」という単語に聞き慣れない人がいると思うので軽く説明するが、これはAppleが新OSを正式にリリースする前に、事前にベータテストを行うことで不具合などのチェックをするために実施されているプログラムのこと。

このベータテストプログラムに参加するのは誰でも可能だが、「パブリックベータ」版OSを自分の端末にインストールしたい場合は、Appleの公式ページから「Apple Beta Software Program」というものに登録する必要がある。「iOS 10」と「macOS Sierra」のパブリックベータテストへの登録はこちらから行おう。

ちなみにiOS端末をパブリックベータテストプログラムへ登録をする方法については当サイトで手順をまとめているので、こちらの記事を参考にしてほしい。

wwdc2016-ios10_147

昨日発表が行われた「iOS 10」と「macOS Sierra」には、新機能が満載だ。

「iOS 10」の特徴としては、ロック画面や通知、標準アプリなどの改善が行われるほか、「iMessage」の機能が拡張され、スタンプ機能が追加になったり、相手のメッセージに対して感情を表現することが可能になる。

macOS

「macOS Sierra」では、他のデバイスとの連携機能が大幅に強化され、クリップボードの共有やデスクトップのファイルを他のデバイスからも見ることができるようになったり、「Siri」が搭載されたりと、こちらも「iOS 10」に負けず劣らずの良アップデートだ。

冒頭でも述べたが、パブリックベータテストは7月から開始される予定。開始までまだしばらく時間はあるが、配布開始と同時にインストールしたい人は今のうちに登録しておくと、当日スムーズにインストールできるはずだ。時間があるときに是非登録しておこう。

wwdc2016-ios10_147
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう