「iOS 11.2.5」からiPhoneのシャッター音が消せるように? 最新ベータ版でカメラのシャッター音を消音可能に

2018年1月4日に開発者向けにリリースされた、iOS 11の最新ベータ版「iOS 11.2.5 beta 3」で、iPhoneやiPadのカメラのシャッター音が消音化できるようになっていることが確認されている。

もし、この仕様が何らかの不具合ではない場合、今後数週間以内にリリースされる「iOS 11.2.5」をインストールすることで、シャッター音を鳴らすことなく写真撮影ができるようになるはずだ。

「iOS 11.2.5」ではカメラのシャッター音が消すことが可能?

これまで、日本で販売されているiPhoneやiPadは、マナーモードや本体の音量に影響されることなく、写真撮影時にはシャッター音が鳴る仕様だった。しかし、「iOS 11.2.5 beta 3」では、本体音量を最大まで下げた(消音にする)状態で写真撮影を行うとシャッターが鳴らない仕様になっている。

実際に、同ベータ版を利用している筆者の環境で確認したところ、確かにシャッター音が鳴らなくなっている。「iOS 11.2.5 beta 3」はあくまでベータ版なので、これが不具合なのか、それとも正式な仕様なのかは不明。今後のベータ版で修正される可能性も十分にある。

ただし、iOSは過去にもスクリーンショット時の音を消音化できるようにした過去があるため、今後正式にカメラのシャッター音を消せるようにする予定なのかもしれない。

ちなみに、日本で販売されているスマートフォンは、カメラのシャッター音が消せない構造になっていることが多い。これは盗撮を防ぐための業界側の自主規制で、法律的な規制ではない。世界的にはシャッター音がなるかどうかを選ぶことができるケースが多く、今後シャッター音が消せるようになることで、議論が起こる可能性もある。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 携帯総合研究所 ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。