「iOS 11.3 beta 1」新機能・変更点まとめ

1月25日、Appleは開発者向けにiOS最新ベータ版「iOS 11.3 beta 1」を公開。同バージョンはAppleが事前にアナウンスしていた通り、新しいアニ文字やバッテリー管理機能などが追加されていることが判明している。

また、これらの機能の他にも「iOS 11.3 beta 1」にはいくつかの変更点があり、各開発者・メディアから変更点の詳細が報告されている。

そこで、当サイトでは「iOS 11.3 beta 1」で確認されている変更点や新機能についてまとめてみた。すでに別記事で詳しく触れている内容もあるので、その場合はそれぞれの記事で内容を確認していただければと思う。

新しい「アニ文字」が4種類追加

「iPhone X」の前面カメラを使って、絵文字に自分の表情を投影することができる「アニ文字」に、新たにドラゴンやクマ、ガイコツやライオンなど4種類のキャラクターが追加

よりバリエーション豊かな「アニ文字」でメッセージのやり取りを楽しくできるようになった。4つの新アニ文字が追加されたことによって、アニ文字は全部で16種類に増える。

 

「HomePod」のサポートを開始&「AirPlay 2」によるマルチルームオーディオ機能が提供

「iOS 11.3 beta 1」では、「HomePod」関連のサポートが行われている。

また、マルチルームオーディオ機能「AirPlay 2」がリリースされ、居間にある「Apple TV」とベッドルームにある「Apple TV」の両方で、同じ音楽を同時に流せるように

まだ現時点ではバグが多く、正しく動作しないことも多いとのことだが、今後のブラッシュアップに期待だ。

「iMessages for iCloud」機能が復活

導入が見送られていた「iMessages for iCloud」機能がついに復活。メッセージの履歴がiCloudに保存できるようになり、どの端末でもメッセージアプリを利用しやすくなる。

リリースノートによると、「iOS 11.3 beta 1」のインストール後初めてメッセージアプリを起動すると、「Messages on iCloud」機能をオンにするよう促す通知が表示されるという。また、二段階認証とiCloudバックアップがオンになっているユーザーは、自動で設定が有効になるとのこと。

その他、細かい変更は以下の通り。

  • 「iBooks」の名称が「Books」に変更に
  • App Storeのアップデートタブで、アップデートの容量やバージョンが表示されるように
  • アプリのダウンロードの際に、画面下に「サイドボタンで確認」が表示されるように
  • 「tvOS 11.3」を適用した「Apple TV」が「ホーム」アプリに表示されるように
  • 設定アプリの「プライバシー」アイコンのカラーが変更

すでに「iOS 10.3 beta 1」はリリースされているので、これらの機能をいち早く使ってみたい開発者の方々はいつも通り、アップデートするようにしよう。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。