Apple、「iOS 11.4」のSHSH(署名)発行を終了

7月18日、AppleはiOS 11.4.1のリリースを受けて、前バージョンの「iOS 11.4」のSHSHの発行を終了した。これにより、iOSデバイスは11.4以前のバージョンで復元することができなくなっている。

SHSHとは、iOSの復元に必要な許可証のようなもの。Appleは基本的にiOSの最新版をリリースした数日後に、過去のバージョンのSHSHの発行を終了する傾向にある。

これは最新バージョンへの移行を促し、ユーザーの持つデバイスのセキュリティの向上や不具合を解消するために行われているのだが、しかしながら、SHSH発行が終了してしまうことで、以前のバージョンで復元することができなくなってしまう。

冒頭でもお伝えしたように、Appleが「iOS 11.4」のSHSH発行を終了したため、すでに11.4以前のバージョンで復元することができなくなっており、現状ではiOS 11.4.1以降にしか復元ができない。iPhoneやiPad、iPod touchを旧OSで復元しようとしていた方は注意が必要だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。