「iOS 11」のシェアは85%に到達(9月3日時点)

まもなく、Appleは次期iOSの「iOS 12」を正式にリリースする予定だが、同リリースを前に現行の「iOS 11」の9月3日時点でのシェアが公開されている。

Appleは5日、デベロッパー向けサイトで9月3日時点でのiOSのシェアを公開。同グラフによると「iOS 11」のシェアは85%、「iOS 10」は10%、「iOS 9」以前は5%となっている。

iOS 11はiOS 10に比べると革新的な変化が少なかったため、普及スピードは若干遅めとなった。また、もともと実装を予定していた機能もリリースが遅れるなど、Appleとしては少し反省の残るバージョンだったのではないだろうか。

iOS 11の失態を受け、Appleのソフトウェア・エンジニアリング担当のCraig Federighi氏は2018年1月に行った社内会議で、「iOS 12」は主にパフォーマンス改善や安定性を高めることに注力し、目玉となる新機能の一部の搭載を延期する方針を明らかにしていたという。

この方針が功を奏したのか、開発者向けに配信されている「iOS 12」のベータ版は、過去最も安定したバージョンとも言われており、例年に比べると致命的なバグなども少ない印象。次期OSのリリース直後はバグなどの懸念からアップデートを様子見するユーザーも多いが、iOS 12は比較的早いスピードで普及する可能性が高そうだ。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。