正式版「iOS 11.2.1」が配信開始 iPhoneに存在する複数のバグが修正

日本時間12月14日未明、Appleは正式版「iOS 11.2.1」を一般ユーザー向けに配信を開始した。

リリースノートによると、同アップデートの変更点は以下の通りになっているとのこと。iPhoneまたはiPadに存在するバグが修正しているようだ。

iOS 11.2.1には、以下のiPhoneまたはiPadのバグの修正が含まれます:

  • KDDIをご利用のお客様がVisual Voicemailをアクティベーションすることができない問題を修正
  • “ホーム” Appの共有ユーザがリモートアクセスできない問題に対応

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

アップデートは、「設定」アプリの[一般]>[ソフトウェアアップデート]から。もしくはPCやMacと接続しiTunes経由で行うことが可能だ。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。