正式版 「iOS 12.1.1」 が一般ユーザー向けに配信開始

12月6日、Appleは正式版 「iOS 12.1.1」 の配信を開始した。iOSデバイスを持つ全ユーザーがインストールすることが可能だ。

今回公開された 「iOS 12.1.1」 はFace IDが一時的に利用できなくなる不具合の修正やパフォーマンス改善が行われているほか、「iOS 12」 でリリースが見送られていたFaceTime通話中に相手の顔をLivePhotosで撮影できる 「FaceTime Live Photos」 機能が復活している。

また、3D Touchに対応していないiPhone XRでは従来まで通知領域のリッチコンテンツにアクセスすることができなかったが、今回のアップデートにより、通知を長押しすることで詳細が表示されるようになっている。

そのほかにも、FaceTimeの呼び出し中にワンタップでリアカメラとフロントカメラを切り替えることができるようになったり、VoiceOverとディクテーションの安定性が向上するなどの変更が加えられている。


「iOS 12.1.1」がインストールできる端末は以下の通り。

インストール可能端末
iPhone iPad iPod touch 

iPhone XS / XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone 7 / 7 Plus
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone 6 / 6 Plus
iPhone SE
iPhone 5s

12.9インチ iPad Pro(第1世代)
12.9インチ iPad Pro(第2世代)
12.9インチ iPad Pro(第3世代)
11インチ iPad Pro
10.5インチ iPad Pro
9.7インチ iPad Pro
iPad Air / Air 2
iPad(第6世代)
iPad(第5世代)
iPad mini 4 / 3 / 2

iPod touch(第6世代)
▶︎ Apple公式サイトで各種「iPad」製品をチェック
 ・iPad Pro (11インチ / 12.9インチ)
 ・iPad Pro (10.5インチ)
 ・iPad (9.7インチ)
 ・iPad mini 4
▶︎ Apple公式サイトで「iPadアクセサリ」をチェック
 ・Apple Pencil (第2世代) / Apple Pencil (第1世代)
 ・ケース&プロテクター / イヤホン / その他
▶︎ 「iPad」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。