「iOS 12.4.5」 が旧型iPhone・iPad向けに配信開始。セキュリティアップデートか

現地時間1月28日、Appleは旧型iPhone・iPad向けにアップデート 「iOS 12.4.5」 を配信開始した。iPhone 6やiPhone 5s、iPad Airなど一部の 「iOS 13」 非対応機種のみアップデートが可能だ。

「iOS 12.4.5」 のアップデートの詳細は明らかになっていないが、おそらくセキュリティアップデートが行われているものと予想される。

「iOS 12.4.5」 に対応する機種は以下のとおり。ビルドナンバーは16G161となっている。

  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 5s
  • iPad Mini 3
  • iPad Air, iPad Mini 2
  • iPod touch (6th generation)

ちなみに同日、AppleはiPhone 6s以降の端末に対して最新アップデート 「iOS 13.3.1」 を配信している。「iOS 13.3.1」 ではスクリーンタイム機能の 「通信/通話の制限」 でパスコードを入力しなくても連絡先を追加できる問題や、メールアプリでサーバ上の画像を読み込む設定が無効になっていても画像が読み込まれてしまう問題、Wi-Fi経由でプッシュ通知が配信されない問題など複数の不具合が解消されている。

関連記事
正式版 「iOS 13.3.1」 が配信開始 スクリーンタイムやメールアプリなどの不具合が解消
正式版 「iPadOS 13.3.1」 が配信開始 iOS 13.3.1と同様スクリーンタイムやメールアプリの不具合が解消

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。