「iOS 12 beta 7」の変更点が判明 メジャーアプリのアイコンが変更、メッセージアプリで新しいスプラッシュ画面が表示

14日、Appleは開発者向けに「iOS 12」の最新ベータ版「iOS 12 beta 7」を公開しているが、同ベータ版の変更点が判明した。

まずは「iOS 12」から追加されるメジャーアプリのアイコンが変更に。beta 6までは黄色の線が縦に引かれていたが、beta 7からは線の向きが横になっている。

また、メッセージアプリで写真ボタンをタップすると新しいスプラッシュ画面が表示されるようになった。「iOS 12」から新たに追加される「ミー文字」などに関する説明が記載されている。

そして3つ目の変更点は、FaceTimeのグループ通話機能が削除されてしまったこと。すでに別記事でも紹介したが、同機能は今秋の「iOS 12」リリース時ではなく、2018年後半のアップデートで追加されることになるとのこと。詳細については以下を参考にしていただければと思う。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。