iOS 12:Face IDの認証失敗時、スワイプアップで再度認証が可能に

iPhone Xは顔認証機能「Face ID」が初めて搭載され、自分の顔をiPhoneに向けるだけで画面ロックが解除できるようになっている。

しかし、何らかの理由で認証を失敗すると、再度認証を行うためには一度スワイプしてパスコード入力画面を表示し、画面右下にある「キャンセル」をタップする必要がある。

この手順が面倒で、さっさとパスコードを入力してロックを解除してしまう人もいるとは思うが、「iOS 12」では画面をスワイプアップするだけでもう一度認証をやり直すことができるようだ。

Face ID認証失敗時、スワイプアップで再認証が可能に

Redditに投稿された「iOS 12 beta」のスクリーンショットでは、Face IDの認証失敗時に「Swipe up for Face ID or Enter Passcode」と表示されており、スワイプアップすることでFace IDの再認証ができるようになっていることが確認できる。

Face IDの認証スピードはかなり早いため、再認証さえできればパスコードを入力するよりもスムーズにロック解除ができるようになるはずだ。

ちなみに、2018年の新型iPhoneは全モデルにFace IDが搭載されるとの噂。さらには新型iPad Proにも搭載されることが予想されている。

Face IDは高い認識精度を持っているが、使っているユーザーからは「使い勝手の改善は必要」という声もあり、今後も全面的にプッシュしていくつもりなのであれば改善は必須。そういう意味では、今回の再認証機能の実装はユーザーの声から生まれたものなのかもしれない。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。