iOS 12でAirPodsは「ライブリスニング機能」が利用可能に

2018年秋に公開予定の「iOS 12」では、AirPodsが簡易補聴器として使えるようになることが分かった。

ライブリスニング機能とは、互換性のある「Made for iPhone」補聴器をiOS端末とペアリングすることで、iOS端末が指向性マイクのような役割を果たし、聞き取った音声を補聴器に届けてくれる機能。

従来までは対応した補聴器でしかこの機能を使うことができなかったが、TechCrunchによると「iOS 12」からはAirPodsでもこの機能が使えるようになっているという。

例えば賑やかなレストランで食事をしている時、相手の近くに自分のiPhoneを置いておき、自分はAirPodsをつけて同機能をオンにすれば、相手の会話をはっきりと聞き取ることができるようになるはずだ。

ちなみに、ライブリスニング機能はあくまで音を聞き取る補助をしてくれる機能であり、完全に補聴器の代わりになるものではないので注意が必要だ。

Apple公式サイトでAirPodsやワイヤレス充電対応ケースをチェック!
▶︎ AirPods Pro
▶︎ AirPods + ワイヤレス充電対応ケース
▶︎ AirPods + 通常充電ケース
▶︎ ワイヤレス充電対応ケース(単体)

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。