「iOS 12」 のシェアは90%に 過去4年間に発売したデバイスでは88%に普及

Appleは開発者向けに公開されているデベロッパーサイトで、8月6日時点でのiOSシェア(普及率)の詳細を公開した。

iOS 13の8月6日時点でのシェアは約90%

Appleの発表によると、現在アクティブなiPhoneもしくはiPadデバイスのうち、90%が 「iOS 12」 を利用しているとのこと。その1つ前のバージョンにあたる 「iOS 11」 は7%、それよりも前のバージョンのiOSを利用しているデバイスは3%という結果になった。

また、Appleは過去4年間で発売したデバイスに絞った統計も公開しており、こちらでは全体の88%が 「iOS 12」 を利用していることが分かった。「iOS 11」 は7%、それ以前のバージョンは5%となっている。

iOS 12の現在のシェアは、iOS 11の同時期のシェアに比べると高くなっている。参考までに、iOS 12リリース直前のiOS 11のシェアは85%だった。iOS 12は目立った新機能はほとんど追加されていないが、パフォーマンスが改善されたことから、多くのユーザーから支持を得ることができたようだ。

Appleは今年9月に最新iOSの 「iOS 13」 をリリース予定。iOS 13ではユーザー待望のダークモードが搭載されるほか、ミー文字のさらなるカスタマイズやカメラアプリのポートレートライティングに新たな効果 「ハイキー照明(モノ)」 が追加されるなど、多数の新機能が実装される予定だ。

iOS 13の詳細に関しては以下のまとめ記事を参考にしていただきたい。

関連記事
「iOS 13」 新機能まとめ ダークモード実装、Sign in with Appleでセキュリティを保ちつつ簡単ログインなど多数
【解説】「iOS 13」 「iPadOS」 のパブリックベータをインストールする方法

▶︎ 各種iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。