次期iPad Proの画面が丸くなるのはほぼ確実か iOS 12 betaでPinP画面が丸みを帯びる

今年後半、Appleは「iPhone X」と同じようにフルディスプレイ化、画面角が丸みを帯びた新型iPad Proを発売すると噂されているが、それはほぼ確実と考えていいようだ。

開発者のGuilherme Rambo氏は、最新ベータ版で次期iPhoneのデュアルSIM化に関するヒントを発見したが、さらに次期iPadに関するヒントも見つけた。

上記がそのスクリーンショット。同氏は、「iOS 12 beta 6」でPinP(ピクチャー・イン・ピクチャー)機能の画面が丸みを帯びていることを発見。「iOS 11」では角ばった長方形だった。

この変更が何かを確信できるものではないが、次期iPad Proは画面が丸くなると言われていることから、それらを踏まえた変更である可能性が高い。

次期iPad ProはホームボタンとTouch IDが廃止され、代わりに顔認証機能「Face ID」が搭載。ホームボタンがなくなったことで、画面を端末全体に広げることができ「ベゼルレス化」が完了するとみられている。イメージは、iPhone Xを大きくした感じになる。

ちなみに、前回のベータ版でも角が丸くなった新しい形状の画面が見つかっているため、次期iPad Proのベゼルレス化とラウンドコーナー化はほぼ確定と考えて良さそうだ。

これらを踏まえてGuilherme Rambo氏は、iPad Proの画面の丸みとPinP画面の丸みの半径はピッタリと合致できるようになっていると予想している。

新型iPad Proの存在はすでにユーラシア経済委員会(EEC:Eurasian Economic Commission)で確認されているため、近いうちに新型モデルが発売する可能性が高い。

最も可能性が高いのは、来月に開催されるであろう新型iPhoneの発表会。ただ、Appleは多数の新製品を用意しているため、9月ではなく10月から11月に再度、新製品発表イベントを開催し、その場で新型iPad Proを発表すると予想する向きもある。「iOS 12」でヒントが見つかっていることもあり筆者は9月発売を予想しているが、果たして。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。