「iOS 12」 が正式リリース 最大70%のパフォーマンス改善と複数の新機能が追加

9月18日、AppleはiOSの最新版となる「iOS 12」を一般ユーザー向けに正式リリースした。iPhone 5s以降の対応端末であれば、インストールすることが可能になっている。

「iOS 12」は今年6月に開催された「WWDC 2018」で発表された最新OS。パフォーマンスの改善や安定性の向上に力を費やしたと発表されているが、多数の新機能も追加されており、iOSユーザーは新機能をチェックしておく必要があるだろう。

注目の新機能は「ARKit 2.0」や「グループFaceTime」「写真検索機能」「スクリーンタイム」「Siriショートカット」の5種類。詳細についてはこちらの記事を参考にしていただきたいが、これらの新機能が追加されたことでiPhoneやiPadの使い勝手が大幅に向上している。

「iOS 12」をインストールできる端末は以下の通り。昨年リリースされた「iOS 11」をインストールできた端末であれば、すべての端末が利用することが可能だ。

インストール可能端末
iPhone iPad iPod touch 

iPhone Xs
iPhone Xs Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone 7 / 7 Plus
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone 6 / 6 Plus
iPhone SE
iPhone 5s

12.9インチ iPad Pro(第1世代)
12.9インチ iPad Pro(第2世代)
10.5インチ iPad Pro
9.7インチ iPad Pro
iPad Air / Air 2
iPad(第6世代)
iPad(第5世代)
iPad mini 4 / 3 / 2

iPod touch(第6世代)

iOSのアップデートは、「設定」アプリの[一般]>[ソフトウェアアップデート]から。もしくはPCやMacと接続しiTunes経由で行うことが可能だ。アップデートは、必ず事前にバックアップを取ってから行うようにしよう。

また、今回の「iOS 12」はメジャーアップデートにあたるためサーバーが混み合う可能性がある。アップデート完了まで時間がかかる可能性もあるので、できる限り時間に余裕があるときにアップデートすることをお勧めする。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。