「iOS 12」のインストール率、いよいよ60%に到達

Appleの最新OS「iOS 12」は、先月12日の段階で半数以上のユーザーに行き渡ったことが明らかになっていたが、今月1日には全体の60%のユーザーが同OSを利用していることが明らかになった。

現地時間10月31日、Appleは開発者向けサポートページで最新iOSのバージョン別シェアを公開。このデータによると、「iOS 12」は全体の60%のiPhoneにインストールされていることが判明。

また、前回レポート公開時と同様に「過去4年間に発売したデバイス」のバージョン別シェアも公開されており、データでは63%以上のデバイスに「iOS 12」がインストールされたことが明らかになった。わずか2週間半の間で、10%以上のユーザーが最新iOSをインストールしていることになる。

これは前バージョンの「iOS 11」に比べて、早いペースでユーザーに浸透していることを示す。ただし、「iOS 12」をインストールしている「iPhone XR」が発売したことが影響した可能性も大きそうだ。

「iOS 12」の魅力は安定感の向上と高速化。特に高速化に関しては旧iPhoneに大きな効果があり、iPhone 6sではアプリの起動は最大40%、キーボードの表示は最大50%、ロック画面からカメラを起動する動作は最大70%早くなるとされている。これらがユーザーから評価された可能性が高い。

「iOS 12」の詳細についてはこちらの記事から確認を。ちなみに、先日には「iOS 12.1」が公開されており、複数の新機能が追加されている。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。