「iOS 13.1」 が正式リリース 到着時間の共有機能やショートカットのオートメーション機能が実装

現地時間9月24日、Appleは 「iOS 13.1」 の正式版をリリースした。iPhone 6s/SE以降のデバイスを利用しているかたは、同バージョンへのアップデートが可能だ。

「iOS 13.1」 が正式リリース

「iOS 13.1」 は、今月20日に配信された 「iOS 13」 のアップデート版。Apple純正のマップアプリで友人や家族に自分の到着時間を共有できるShare ETA機能や、ショートカットアプリのオートメーション機能など、iOS 13での実装が間に合わなかった機能が搭載されている。

「iOS 13.1」 の特徴・新機能については以下の関連記事を参考にしていただきたい。

関連記事
「iOS 13.1 / iPadOS 13.1 beta 1」 の新機能・変更点まとめ

「iOS 13.1」 がインストールできる端末は以下のとおり。アップデートは 「設定」 アプリの[一般]>[ソフトウェア・アップデート]から。もしくはMacやPCと接続し、iTunes経由でアップデートすることも可能だ。

iOS 13.1 対応端末
iPhone iPod touch 
iPhone 11 Pro/11 Pro Max
iPhone 11
iPhone XS / XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone 7 / 7 Plus
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone SE
iPod touch (第7世代)

各OSのこれまでのリリーススケジュール。

OS 配信日(現地時間) 配信日(日本時間)
iOS 13 2019年9月19日 2019年9月20日
iOS 13.1 2019年9月24日 2019年9月25日
iPadOS 13 2019年9月24日 2019年9月25日

関連記事
画像で解説する 「iOS 13」 新機能・変更点まとめ

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。