「Powerbeats4 Wirelessイヤフォン」 がまもなく発売か。Powerbeats Proにデザインが近くなる模様

Beatsのワイヤレスイヤホン 「Powerbeats Wireless」 シリーズに、近く待望の新型モデルが投入されることがわかった。

現地時間1月28日、Appleは 「iOS 13.3.1」 を一般ユーザー向けにリリースしたが、同OS内に 「Powerbeats Wireless」 の新型モデルのアイコンが隠されていることを米Apple系メディアMacRumorsが見つけた。

iOS 13.3.1からPowerbeats4(仮)のアイコンが発見

以下が 「iOS 13.3.1」 で発見されたアイコン画像。Beatsのロゴがついているイヤホンに有線のケーブルがついていることから、これは 「Powerbeats Wireless」 の新型モデル 「Powerbeats4 Wirelessイヤフォン(仮称)」 である可能性がとても高い

「Powerbeats4 Wirelessイヤフォン」 はどちらかというとスポーツ向けの製品。AirPodsなどと違いイヤーフックが用意されており、耳から脱落することを防ぐ。昨年12月の段階で米Apple系メディア9to5Macが 「iOS 13.3」 で存在を確認していたが、製品デザインが確認できるアセットが見つかったのは今回が初めて

ちなみに製品デザインはこれまでのものから変更になるようだ。デザインの変化については以下の画像が分かりやすいはずだ。

左からPowerbeats Pro、Powerbeats4、Powerbeats3

この画像は現行のBeatsのイヤホンと比較したもの (MacRumorsから引用) 。左が 「Powerbeats Pro」 、中央が 「Powerbeats4 Wirelessイヤフォン」 と思わしきアイコン、右は 「Powerbeats3 Wirelessイヤフォン」 だ。この画像から 「Powerbeats4 Wirelessイヤフォン」 のデザインは 「Powerbeats Pro」 に近づけたような形になることがわかる。おそらく耳への装着感が現行モデルに比べて高められているのではないだろうか。

Powerbeats Pro

「Powerbeats4 Wirelessイヤフォン」 はBluetoothイヤホンではあるものの、昨年発売した完全ワイヤレスイヤホン 「Powerbeats Pro」 とは異なり、左右のイヤホンがひとつのケーブルで繋がったモデル。完全ワイヤレスイヤホンはケーブルに縛られないためストレスフリーな音楽体験を享受できるが、代わりにバッテリー持ちが少し劣ったり、紛失のリスクがあったりとデメリットとも捉えられる点もある。

しかし、「Powerbeats Wirelessイヤフォン」 のようなワイヤレスイヤホンであれば紛失などの心配は少ないはず。また、「Powerbeats Pro」 に比べて価格が抑えられる可能性もあるため、「Powerbeats Pro」 ではなく 「Powerbeats Wirelessイヤフォン」 の新型モデルを待っている方も一定数いるとみられる。

「Powerbeats4 Wirelessイヤフォン」 がいつ発売するのかは現時点では不明だが、本日リリースされた 「iOS 13.3.1」 でアイコンが見つかったことから、近いうちに発売するのではないだろうか。

関連記事
Hey Siriに対応した 「Powerbeats4 Wireless」 が近く発売か
Powerbeats Pro レビュー|AirPodsを上回る音質。最高の装着感と高い防水性能が大きな魅力

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。