iOS 13.4.1がiPhone SE(第2世代)向けにリリース。複数の不具合を修正

現地時間4月23日、AppleはiPhone SE(第2世代)向けに 「iOS 13.4.1」 を配信した。

「iOS 13.4.1」 は、iOS 9.3.6以前またはOS X El Capitan 10.11.6以前を搭載したデバイスとのFaceTime通話にiOS 13.4を搭載したデバイスから参加できない問題や、ホーム画面で 「設定」 アプリのクイックアクションメニューからBluetoothを選択しても反映されない不具合が修正されたバージョン。今月8日に一般リリースされていたものだ。

しかし本日発売のiPhone SE(第2世代)にはiOS 13.4がインストールされて出荷されるため、ユーザーは同デバイスを使い始める前にはまずOSのアップデートをする必要があるだろう。

iOS 13.4.1には、iPhoneで発生していたバグの修正が含まれます。

  • iOS 9.3.6以前またはOS X El Capitan 10.11.6以前を搭載したデバイスとのFaceTime通話にiOS 13.4を搭載したデバイスから参加できない問題を修正
  • ホーム画面で“設定” AppのクイックアクションメニューからBluetoothを選択しても反映されないバグに対処

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222

ちなみに、「iOS 13.4.1」 がインストールできる端末は以下のとおり。

iOS 13.4.1 対応端末
iPhone iPod touch 
iPhone 11 Pro/11 Pro Max
iPhone 11
iPhone XS / XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone 7 / 7 Plus
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone SE
iPhone SE (第2世代)
iPod touch (第7世代)

関連記事
新型 「iPhone SE(第2世代)」 が正式発表 スペック・発売日・価格まとめ
iPhone SE(第2世代)とiPhone 8/8 Plusを比較してみた。買い替えはあり?なし?

▶︎ iPhone SEの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。