iOS 13のカメラ新機能 「Deep Fusion」 がデベロッパーベータで利用可能に

iOS 13のカメラの新機能である 「Deep Fusion」 が、開発者向けに配布されている 「iOS 13 beta」 で利用可能になったことがわかった。米メディアThe VergeがAppleから共有された情報を伝えている。

iOS 13のベータ版で 「Deep Fusion」 機能が利用可能に

「Deep Fusion」 とはiOS 13で追加された新機能で、iPhone 11シリーズのカメラで写真を撮影する際に効果を発揮する。

ザックリ言えばより綺麗な写真が撮影できるようになるというもので、より具体的に言えば 「A13 Bionic」 プロセッサに搭載されているNeural Engine・マシーンラーニングを使った画像処理(高度な機械学習を使って写真のピクセル単位での処理、写真のすべての部分の質感、細部、ノイズの最適化)を行うという。

この機能が利用できるレンズはiPhone 11シリーズの広角レンズ、iPhone 11 Proの広角レンズと望遠レンズの2種類。超広角レンズについては利用することができないので注意が必要だ。「Deep Fusion」 はiOS 13のベータ版で利用することが可能で、正式版については今後利用可能になるものと予想される。

追記 (2019/10/02 12:55)
海外メディアの多くはすでに 「Deep Fusion」 の提供が始まったと伝えていますが、実際多くのベータ版利用ユーザーには配信が遅れているようです。現時点ではいつリリースされるかについては分かっていません。

関連記事
iPhone 11 レビュー | 望遠レンズが不要なら今年は11を選ぶべきなのかも
iPhone 11 Pro レビュー | 3眼カメラを搭載した初プロモデル。14万円の価値はあるのか考えてみた

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。