iOS 13のダークモード、やはりバッテリー持ちが良くなることが判明 有機ELディスプレイ搭載iPhoneは恩恵あり

iOS 13では、注目の新機能 「ダークモード」 が搭載された。

同モードを使用することで、有機ELディスプレイ搭載iPhoneのバッテリー持ちを良くすることができると言われているが、やはりその効果があったことが実証されている。

ダークモードは有機EL搭載iPhoneでバッテリー持ちが長くなる

ダークモードは純正アプリなど対応アプリのユーザーインターフェイスを黒に反転するという機能で、有機ELディスプレイでは黒色を表現する際にピクセルが発光しないことから、同機能を使うことで理論上はバッテリー持ちを長くできることになる。

この効果を確かめるべく、iPhoneの落下テストなどの検証を行うことで有名なYouTubeチャンネル 「Phonebuff」 が、iPhone XSを用いてダークモード時とライトモード時のバッテリーテストを実施した。

テストでは画面の色以外に変化が出ないよう、ディスプレイの明るさは200ニトに固定し、ロボットアームによる完全に同じ動作をYouTubeやTwitterなどのアプリで行っている。

結果は以下の表のとおり。明らかにバッテリー持ちに差ができており、7時間半後にライトモードはバッテリー残量が0になったのに対し、ダークモードはまだ30%もバッテリー残量がある。やはりダークモードを使用することでバッテリー持ちを良くすることができるようだ。

ただし、この恩恵が得られるのは有機ELディスプレイを搭載したiPhoneのみ。iPhone XRやiPhone 11などの下位モデルは液晶ディスプレイを搭載していて、この場合はダークモードにしてもそこまで恩恵を得ることはできないので注意だ。

関連記事
画像で解説する 「iOS 13」 新機能・変更点まとめ
iPhone 11 Pro レビュー | 3眼カメラを搭載した初プロモデル。14万円の価値はあるのか考えてみた

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。