iOS 13、70%のiPhoneにインストール。過去4年で発売したモデルでは77%に導入

「iOS 13」 の普及率がいよいよ70%を超えたことがわかった。また、過去4年で発売したモデルに限定すると77%のiPhoneに 「iOS 13」 がインストールされているという。Appleが28日、開発者向けに各iOSのバージョン別普及データを報告した。

iOS 13の普及率が70%超えに

Appleの発表によると、iPhoneを使うユーザーの7割以上はiOS 13をインストールし利用しているという。

まず過去4年間に発売したiPhoneのみに絞ったときのデータ。これは最もAppleが重視している指標だが、報告からiOS 13が77%、iOS 12が17%、iOS 11以前は6%であることがわかった。また、過去に発売したすべてのiPhoneを対象にしたときのデータでは、iOS 13が70%、iOS 12が23%、iOS 11以前は7%であるとのことだ。

「iOS 13」 の普及については昨年10月にAppleは情報を公開しており、50%以上のデバイスに iOS 13がインストールされていることを発表していた。不具合が多いと指摘されたiOS 13だが、度重なるアップデートによって不具合が解消された結果なのかインストール率はそれなりに順調のようだ。ちなみに参考情報として前バージョンのiOS 12の2018年1月時点の普及率は78%だった。

また、AppleはiOS 13の普及データに加えてiPadOS 13の普及データについても公開している。

公開されたデータによると、過去4年間に発売したiPadのうち、79%がiPadOSをインストールしているとのこと。それ以前のiOS 12は19%、iOS 11よりも前のOSについては全体の2%となっている。また、過去発売したすべてのデバイスを対象にしたときのデータとして、「iPadOS」 は57%、「iOS 12」 は27%、「iOS 11」 以前は16%となっているとのことだ。

関連記事
正式版 「iOS 13.3.1」 が配信開始 スクリーンタイムやメールアプリなどの不具合が解消
正式版 「iPadOS 13.3.1」 が配信開始 iOS 13.3.1と同様スクリーンタイムやメールアプリの不具合が解消

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。