iOS 13、ポートレートモードの新照明エフェクト 「ハイキー照明(モノ)」 が追加 エフェクトの強弱調節機能も実装

現地時間6月17日(日本時間6月18日)、Appleは開発者向けにiOS 13の最新ベータ版 「iOS 13 beta 2」 を配信開始したが、同ベータ版ではiPhoneのカメラ機能 「ポートレートモード」 に新照明エフェクトが追加されていることがわかった。

beta 2ではポートレードモードに新エフェクトが追加

新たに追加された照明エフェクトは 「ハイキー照明(モノ)」 。ハイキー (露出オーバー) 調で撮影した写真をモノクロにするエフェクトで、下記写真のように人物写真をいとも簡単に印象的なものに作り上げることが可能だ。

この照明エフェクトが新たに追加されたことによって、iPhoneのポートレートモードは全部で6つのエフェクトが利用可能になる。

  • 自然光
  • スタジオ照明
  • 輪郭強調照明
  • ステージ照明
  • ステージ照明(モノ)
  • ハイキー照明(モノ)

また、同時にポートレートモードのエフェクトの強弱を調節する機能も追加された。例えば、今回追加されたエフェクト 「ハイキー照明(モノ)」 であれば、よりハイキー(露出をあげる) にしたり、ややハイキー気味に抑えることも可能。

この新しいポートレートエフェクトはiPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone 8 Plusの5機種で利用できる。ちなみに、TrueDepthカメラを搭載したiPhoneであれば、セルフィー撮影でも同エフェクトを利用することが可能だ。

関連記事
「iOS 13 beta 2 (17A5508m)」 が開発者向けに配信開始
やはりAppleは紛失防止タグを開発中か 「iOS 13」 に関連記述が見つかる

[ img via Unsplash ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。