「iOS 14.1」 が一般ユーザー向けに配信開始 iPhone 8以降の写真アプリで10ビットHDRビデオ再生・編集が可能に

 

現地時間10月20日、Appleは 「iOS 14.1」 を一般ユーザー向けにリリースした。iPhone 6s/SE(第1世代)以降のデバイスを利用している方は、同バージョンへのアップデートが可能だ。

正式版 「iOS 14.1」 が配信開始

「iOS 14.1」 は、先月配信が開始された 「iOS 14」 のマイナーアップデート版。「iOS 14」 に存在した複数の不具合が修正されているとのこと。

iOS 14.1 リリースノート

iOS 14.1には、iPhone用の機能改善とバグ修正が含まれています。

  • iPhone 8以降の“写真”で10ビットHDRビデオの再生と編集に対応
  • 一部のウィジェット、フォルダ、アイコンがホーム画面に縮小表示されていた問題に対処
  • ホーム画面でウィジェットをドラッグするとフォルダからAppが削除されてしまうことがある問題に対処
  • “メール”で一部のメールが誤ったエイリアスから送信されていた問題を修正
  • 着信時に地域情報が表示されないことがある問題を修正
  • 一部のデバイスで拡大表示モードと英数字のパスコードを選択すると、ロック画面の緊急電話ボタンがテキスト入力ボックスと重なってしまうことがある問題を修正
  • アルバムまたはプレイリストの表示中に、一部のユーザで曲のダウンロードやライブラリへの追加ができないことがある問題に対処
  • “計算機”でゼロが表示されないことがある問題を修正
  • ストリーミングビデオの再生開始時に解像度が一時的に低下することがある問題を解決
  • 一部のユーザでファミリーメンバーのApple Watchが設定できなくなっていた問題を修正
  • “Apple Watch” AppでApple Watchのケース素材が誤って表示されていた問題を解決
  • “ファイル” Appで、一部のMDM管理のクラウド・サービス・プロバイダによるコンテンツが誤って利用不可として表示されることがある問題に対処
  • Ubiquitiワイヤレス・アクセス・ポイントとの互換性を改善

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222

 

「iOS 14.1」 がインストールできる端末は以下のとおり。iOS 13がインストールできた端末はいずれもサポート対象となっているため、基本的に現時点で 「iOS 13」 がインストールできている端末はそのまま 「iOS 14.1」 をインストールすることが可能だ。

iOS 14.1 対応端末
iPhone iPod touch 
iPhone 11 Pro/11 Pro Max
iPhone 11
iPhone XS / XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone 7 / 7 Plus
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone SE(第2世代)
iPhone SE(第1世代)
iPod touch (第7世代)

「iOS 14」 はホーム画面が刷新され、全アプリをシンプルなひとつのビューに自動的でまとめる 「Appライブラリ」 が利用できるようになり、新たにウィジェットをアプリの間など好きな場所に自由に配置できるように。また、ピクチャ・イン・ピクチャへの対応やメッセージアプリのグループ通話の管理、翻訳アプリの追加など便利な新機能が多数追加されている。

「iOS 14」 の新機能については、以下の記事を参考にしていただきたい。

ちなみに同日、AppleはiPad向けに 「iPadOS 14.1」 の配信も開始している。

関連記事
iPad 2020 全機種の性能・違いを比較。iPad Pro・iPad Air・iPad mini・無印iPad、あなたにオススメはどのモデル?
iPad Pro 2020 レビュー | 伝えたい11インチモデルの魅力。初のマルチカメラで大胆構図の写真も

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。