AirTagはBluetoothによるオフライン追跡に対応。Apple IDとの紐づけで盗難への対策も

本日早朝に配信された 「iOS 14.3 Beta」 から、AirTagに関する情報がいくつか見つかった。AirTagはBluetoothによってオフライン追跡ができること、そしてApple IDに紐づけて管理できることが明らかになっている。

これを見つけたのは、米Apple系メディア9to5Mac。同メディアは 「iOS 14.3 Beta」 を解析し、AirTagに関する情報を発見したと伝えた。

また、日本人開発者のApp Shack(@ZuwFNRuFlGZ6Ivc)氏も同様の記述・情報を発見しており、情報を提供している。

AirTagはApple IDと紐づけて使用する仕組み、Bluetoothによるオフライン追跡にも対応

9to5Macによれば、「iOS 14.3 Beta」 にはAirTagのセットアップに関するビデオガイドや画像が含まれていたとのこと。これらのいくつかは9to5MacがすでにiOS 14の内部ビルドで発見していたもの。

そしてiOS 14.3の 「探す」 アプリの中にはコードネーム 「Hawkeye」 と呼ばれる新しい表示セクションが用意されているとのこと。ここにはAirTagが表示できるほか、Tileなどのサードパーティの紛失防止タグも表示できるようになっていると9to5Macは伝えた。

[ img via App Shack ]

「探す」 アプリでは、AirTagの設定方法や、バッグ・スーツケース・キーホルダーへの取り付け方、「探す」 ネットワークを使用しての追跡方法などが案内されているという。

9to5Macがソースコードを解析したところ、「探す」 アプリに登録されたAirTagやその他の紛失防止タグはBluetoothを使ってオフラインで追跡できること、AirTagは自身のApple IDに紐づけて使うことも判明したという。AirTagはApple IDに紐づけることで、誰かが拾って別のApple IDに紐づけることができなくなっているようだ。

さらに他の人のAirTagを拾った場合、スキャンすることで持ち主を見つけるための方法が案内される仕組みが導入されている。App Shack氏が見つけた日本語の説明(ツイート1/ツイート2/ツイート3)によると、持ち主がAirTagを 「紛失モード」 にすることで拾った人が連絡できるようになり、拾った人は持ち主の電話番号など紛失物の詳細情報や、メッセージを残しているかどうかが分かるとのこと。

iOSの最新ベータ版に上記のAirTagの説明やコードが記載されていたことから、AirTagの発売は意外と近いと予想されている。今のところ今年中に発売される可能性は低そうだが、著名リーカーJon Prosser氏は以前にiOS 13.4のリリースが行われる11月に発売予定と伝えていたのが気になるところだ。

関連記事
AirTagの発売は11月?iOS 14.3の配信とともに登場かーーJon Prosser氏が自身の過去の発言を翻す
AirTagは大小2つのモデルが存在か。登場はまもなくとの情報

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。