iOS 14.5の 「マップ」 アプリ、事故などの報告機能が実装。一定数の報告が集まるとルート上に表示か

開発者やパブリックベータテスター向けに配信されている 「iOS 14.5」 のベータ版から、新機能の情報が次々と明らかになっているが、さらに 「マップ」 アプリにも新機能が追加されることが判明した。

MacRumorsによると、iOS 14.5のマップアプリでは移動ルート上で発生した事故や危険、速度違反の取り締まりについて報告できる機能が追加されるとのこと。

iOS 14.5のマップアプリで事故などを報告できる機能が追加

上記がMacRumorsが公開したスクリーンショット。iOS 14.5のアップデート後に初めてマップアプリでルート選択をして 「移動」 を選択すると、Siriから 「ルートの途中で見た事故や危険を報告できる」 旨が通知されるという。

ルートの移動中にマップアプリのインターフェイスを上にスワイプして 「レポート」 アイコンをタップすると、「Accident(事故)」 「Hazard(危険)」 「Speed Check(速度違反の取り締まり)」 の3つのアイコンが表示され、これらをタップして報告する。報告時には確認ウィンドウなしですぐに報告フラグが立ってしまうらしく、誤操作には注意が必要だ。

また、直接iPhoneを操作せず 「Hey Siri、事故が発生しました」 とSiriに伝えることでも報告を送信可能だという。

これらの報告が一定数集まることで、ルート上に事故などの情報が掲載される仕組みになっていると思われる。現時点で同機能は米国での表示が確認されているが、その他の国でも表示されているかどうかは分からないとのことだ。

同機能はCarPlayでも利用可能 (via MozMan68)

ちなみにRedditユーザーの報告によると、同機能はiOS 14.5のベータ版を利用しているすべてのユーザーが使えるわけではなく、一部ユーザーのみが利用できる状態であるという。まだテスト段階の機能である可能性もあることから、日本で使えるようになるには少し時間がかかるかもしれない。純正のマップアプリを愛用している方は今後の情報に注目しておこう。

関連記事
iOS 14.5、SiriにApple Music以外の音楽サービスをデフォルト再生させられるように
iPhoneのロックがApple Watchで解除可能に。マスク装着状態でもFace IDが突破できる神アプデ

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。