正式版 「iOS 14.5」 が配信開始。Apple Watch装着時、マスクをつけていてもFace IDでロック解除ができるように

現地時間4月26日、Appleは正式版 「iOS 14.5」 を一般ユーザー向けにリリースした。iPhone 6s/SE(第1世代)以降のデバイスを利用している方は、同バージョンへのアップデートが可能だ。

正式版 「iOS 14.5」 が配信開始

今回配信が開始された 「iOS 14.5」 では、Apple Watchがあればマスクを装着した状態でもFace ID (画面ロック) を突破できるようになるだけでなく、アプリによるトラッキングを防止する機能も実装される。また、英語版Siriにおいては新しい音声が2種類追加されるほか、AirPodsシリーズを装着した状態にかぎりSiriの音声操作を使って通話着信に応答できるように。

また、PS5のコントローラー 「DualSense」 や新型Xboxワイヤレスコントローラーもサポートするようになった。

iOS 14.5 リリースノート

Apple WatchでiPhoneをロック解除
 • マスクを着けたままFace IDで認証するときに、Apple Watch Series 3以降を使用してiPhone X以降のロックを解除する機能

AirTagと“探す” 
• “探す” Appで、鍵、財布、かばんなどの大切な持ち物の所在場所を、非公開で安全に確認したり探したりできるAirTagに対応
• “正確な場所を見つける”機能により、iPhone 11およびiPhone 12モデルに搭載されているU1チップの超広帯域無線(UWB)を使用して、視覚的、聴覚的、および触覚的なフィードバックでAirTagの近くに誘導可能
• AirTagでは内蔵スピーカーでサウンドを再生して場所の特定が可能
• 何億ものデバイスからなる“探す”ネットワークにより、AirTagが近くにない場合でも、AirTagの探索をサポート
• “紛失モード”では、ほかの人がAirTagを見つけたときに通知を送信することや、連絡先の電話番号を入力しておくことが可能

絵文字
• キスしているカップルの絵文字とカップルとハートの絵文字のすべてのバリエーションで、個別に別々のスキントーンに対応
• 新しい顔の絵文字、ハートの絵文字、髭を生やした女性の絵文字を追加

Siri
• AirPodsまたは互換性のあるBeatsヘッドフォンを装着しているときに、Siriが通話の発信者名を読み上げて着信を通知し、ハンズフリーで応答可能
• Siriに頼んで連絡先のリストや“メッセージ”のグループ名に対してのグループFaceTime通話に対応
• Siriに頼んで緊急連絡先に発信可能

プライバシー
• Appのトラッキングの透明性により、広告やデータブローカーと共有する目的で他社のAppおよびWebサイトを横断してアクティビティがトラッキングされる場合、どのAppに対してトラッキングを許可するかを選択可能

Apple Music
• お気に入りの歌詞を“メッセージ”やFacebook、Instagramのストーリーズで共有したり、サブスクリプションの登録者は“メッセージ”のチャット内で歌詞のスニペットを再生することが可能
• 世界の100を超える各都市で人気のあるミュージックを紹介する都市別ランキング

Podcast
• Podcastの番組のページを、より簡単に視聴できるように再設計
• エピソードを保存およびダウンロードするオプションにより、自動的にエピソードをライブラリに追加して、素早くアクセスすることが可能
• ダウンロードの動作および通知の設定は、番組ごとにカスタマイズ可能
• 新しい番組を見つけるときに役立つ“検索”のランキングと人気のカテゴリ

5Gの改善
• デュアルSIMへの対応により、iPhone 12モデルでモバイルデータ通信の回線を利用する際に5Gでの接続が可能
• スマート・データ・モードの改善により、5Gネットワーク向けに利用環境が最適化されることで、iPhone 12モデルでのバッテリー駆動時間を延ばし、データ使用量を削減
• iPhone 12モデルでサポートされている通信事業者の5G国際ローミングを利用可能

マップ
• Siriに頼むか、または画面下部の経路カードをタップしてから“到着予定を共有”をタップすることで、車での移動に加えて、自転車や徒歩での到着予定時刻を共有可能

リマインダー
• タイトル、優先順位、期限、または作成日でリマインダーの並べ替えが可能
• リマインダーリストをプリントするオプションを追加

翻訳
• 再生ボタンを長押しして、翻訳の再生速度を調整可能

ゲーム
• XboxシリーズX | SワイヤレスコントローラーまたはSony PS5 DualSense™ワイヤレスコントローラーに対応

CarPlay
• 新しいSiriまたはキーボードコントロールを搭載したCarPlayを使用して、運転中にAppleマップで到着予定時刻を簡単に共有可能

このリリースには、以下の問題の修正も含まれます:

• スレッドの下部にあるメッセージが特定の状況下でキーボードによって隠されてしまう場合がある問題
• 削除したメッセージが引き続きSpotlight検索に表示される場合がある問題
• “メッセージ”の一部のスレッドで、テキストの送信が継続的に失敗する場合がある問題
• “メール”で、デバイスを再起動しないと一部のユーザの新着メッセージが読み込まれなかった問題
• 着信拒否設定と着信IDのセクションが“電話”の設定に表示されない場合がある問題
• SafariでiCloudタブが表示されない場合がある問題
• iCloudキーチェーンをオフにすることができなくなっていた問題
• Siriによって作成されたリマインダーが、意図せずに早朝に設定される可能性がある問題
• バッテリーの状態報告システムによって、iPhone 11モデルの最大バッテリー容量とピークパフォーマンス性能を再調整し、一部のユーザにバッテリーの状態が不正確な推定値で報告されていた問題に対処(https://support.apple.com/HT212247)
• iPhone 12モデルで、黒い背景のときに輝度を下げると表示されることがある薄暗い光を減らすように最適化
• AirPodsの自動切り替えで、オーディオが誤ったデバイスに接続される問題
• AirPodsの自動切り替えが通知されなかったり、通知が重複したりすることがある問題

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222

「iOS 14.5」 がインストールできる端末は以下のとおり。

iOS 14.5 対応端末
iPhone iPod touch 

iPhone 12 Pro/Pro Max
iPhone 12/12 mini
iPhone 11 Pro/11 Pro Max
iPhone 11
iPhone XS / XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone 7 / 7 Plus
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone SE(第2世代)
iPhone SE(第1世代)

iPod touch (第7世代)

「iOS 14」 はホーム画面が刷新され、全アプリをシンプルなひとつのビューに自動的でまとめる 「Appライブラリ」 が利用できるようになり、新たにウィジェットをアプリの間など好きな場所に自由に配置できるように。また、ピクチャ・イン・ピクチャへの対応やメッセージアプリのグループ通話の管理、翻訳アプリの追加など便利な新機能が多数追加されている。

「iOS 14」 の新機能については、以下の記事を参考にしていただきたい。

関連記事
iPad 2020 全機種の性能・違いを比較。iPad Pro・iPad Air・iPad mini・無印iPad、あなたにオススメはどのモデル?
iPhone 12 Pro レビュー | 5G対応のカックカク新型iPhone。その魅力とイマイチなところ。MagSafeも試してみた
iPhone 12 mini レビュー | 片手で使えるコンパクトさが特徴のミニモデル。その魅力とは?

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。