iOS 14、iPhoneを背面タップでショートカットを起動できる新機能

現地時間6月22日、Appleは初のオンラインのみで開催となった年次開発者会議 「WWDC20」 の基調講演で、次期iOSこと 「iOS 14」 を正式発表した。

同OSには多数の新機能が用意されていることが明らかになっているが、アクセシビリティの項目に新たに 「背面タップ」 という機能が追加されていることが判明した。

背面タップによるショートカット機能

この機能は、iPhoneの背面をトントンと指で叩くことで、特定のアクションを動作させられるというもの。もともとはアクセシビリティとして用意されている機能になるが、使い方によっては誰もが便利に使うことが可能だろう。

背面タップはダブルタップとトリプルタップの2種類が用意されており、それぞれにアクションを割り当てることができる。利用できる機能は、Appスイッチャー、Siri、Spotlight、アクセシビリティショートカット、コントロールセンター、シェイク、スクリーンショット、ホーム、音量調整、画面ロック、簡易アクセス、消音、通知センターなど。

[ img via MacRumors ]

そのほか自身で作成したショートカットも起動できるため、たとえば部屋の照明をオン・オフできるショートカットがあれば、iPhoneの背面をダブルタップするだけで部屋を明るくしたり、暗くしたりすることができる。

この機能は2020年秋リリース予定の 「iOS 14」 で利用できるようになる。「iOS 14」 は本日から開発者向けにベータ版が提供されており、来月にはパブリックベータテスター向けにiOS 14 Public Betaが提供される予定だ。

関連記事
iOS 14・iPadOS 14が正式発表。すべての新機能をまとめてみた
「iOS 14」 と 「iPadOS 14」のサポート端末まとめ。初代iPhone SEもサポート継続

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。