Appleの新型オーバーイヤーヘッドホンのアイコンが 「iOS 14」 内で発見。カラーは白・黒の2色か

現在、Appleは新型オーバーイヤーヘッドホンを開発中であることが分かっているが、そのオーバーイヤーヘッドホンの存在が正式に確認された。

米Apple系メディア9to5Macは、現在開発中の 「iOS 14」 を独自で入手。Appleが開発している新型オーバーイヤーヘッドホンの “証拠” を発見した。

新型オーバーイヤーヘッドホンのアイコンが 「iOS 14」 から発見

9to5Macは独自に入手した 「iOS 14」 の中で、新型オーバーイヤーヘッドホンのアイコンを発見したと伝えた。アイコンはヘッドホンの形状をしており、耳を覆うイヤーパッドが大きいのが特徴。また、少しわかりづらいがハウジングのボリュームが大きく、ヘッドバンドの下にもクッションが配置されていることも確認できる。

Appleは傘下オーディオブランド 「Beats」 から似たようなヘッドホン 「Beats Solo Pro」 を販売しているが、同製品に比べてイヤーパッド、ハウジングが大きいことから、今回のアイコンは噂のオーバーイヤーヘッドホンのものである可能性が高い。

今回のアイコンから分かる新型オーバーイヤーヘッドホンの特徴は以上となるが、9to5Macは本製品について “AirPodsと同じ機能を備えたヘッドホン” である可能性を指摘している。

9to5Macの予想では、本ヘッドホンはAirPodsと同様に、耳に着けたり外したりすると自動で音楽再生が始まったり停止したりするという。また、オンイヤー型ヘッドホンのBeats Solo Proにはアクティブノイズキャンセリング機能が搭載されているが、本ヘッドホンはオーバーイヤー型であるためより高い性能を持ったノイズキャンセリング機能と立体音響が利用できると予想している。

AirPodsの兄弟機?それともBeats Studio Pro?

一部の予想では本ヘッドホンはAppleの純正ヘッドホンである可能性があり、Beatsの製品ではなく、AirPodsと兄弟製品になるという予想がある。ただし、一方でBeatsには 「Beats Studio Wireless」 というオーバーイヤーヘッドホンが存在することから、同製品を置き換えるのが今回の新型オーバーイヤーヘッドホンなのではないかと予想する向きもある。もし後者なのであれば、同新型オーバーイヤーヘッドホンの正体は 「Beats Studio Pro」 なのだろうか?

現時点ではどちらが正しいのかは不明だが、いずれにしても9to5Macの言う “AirPodsの機能を持つオーバーイヤーヘッドホン” であることには間違いないさそうだ。

ちなみに今回見つかったアイコンから、カラーラインナップは白と黒の2色が存在するようにも見えるが、それが正しいラインナップかどうかについては現時点ではなんとも言えない。その理由はもしAppleの純正ヘッドホンだった場合、(AirPodsはホワイトモデルのみが用意されていることから) カラーはホワイトのみに統一されるはずだからで、なんらかの理由で黒系のアイコンが用意されている可能性があるからだ。

同新型ヘッドホンの発売時期については現時点ではよく分かっていない。早くて今年3月もしくは2020年前半とも言われていたが、今回9to5Macが独自入手した 「iOS 14」 の内部で見つかったことを考えると、「iOS 14」 がリリースされる今秋以降の発売になる可能性も出てきた。

TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏は、同ヘッドホンの発売を “2020年” と予想しており、具体的な時期については言及していない。

関連記事
Appleが2020年前半に発売する7つの新製品。AirTag、小型ワイヤレス充電マット、新型iPad/Mac、ハイエンドヘッドホンなど
噂のApple純正オーバーイヤーヘッドホン、2019年後半に発売か

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。